この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Satgas Klaim Kasus Positif Turun Bukan
karena Tes Berkurang

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています! 
Kamis, 18/03/2021 21:55 WIB


Covid-19処理タスクフォースのスポークスパーソンであるウィク・アディサスミト氏は、コミュニティでのコロナウイルスの陽性症例の減少は、ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査、分子迅速検査(TCM)、および抗原検査の減少によるものではないと述べました。

ウィク氏は、Covid-19関連の検査は依然として高いと主張しましたが、これに続いてコロナウイルスの陽性症例数が増加することはありませんでした。

「これは、検査の数が減ったからではなく、コミュニティでのCovid-19の陽性症例が減少し始めたことを示している」とウィク氏は木曜日(18/3)にBNPBインドネシアYouTubeチャンネルで放送された記者会見で述べた。

次に、ウィク氏は、2021年1月の第4週から3月の第3週に減少し始めた陽性の毎週のCovid-19症例の数に関するデータを説明しました。

  • 1月の第4週では、Covid-19の陽性症例の総数は86,342症例でした。
  • 2月の第1週は85,112ケース、
  • 2月の第2週は68,885ケース、
  • 2月の第3週は51,008ケースです。
  • 2月の第4週には、61,929件もの陽性例が再び増加しました。
  • 3月の第1週に、陽性の症例は39,285症例に劇的に減少しました。
  • 3月の第2週に44,768件に再び増加しました。
  • 3月の第3週には、再び38,075件に減少しました。

「Covid-19の陽性症例は2月に増加したが、1月の第4週の最後のピークと比較するとその数は減少し続けた。陽性症例は44%減少した」と彼は述べた。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。