この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Bejat! Segini Banderol Anak Gadis 14 Tahun di Hotel Cynthiara Alona

オンラインメディア「ソアラ」が伝えています!
Jum’at, 19 Maret 2021 | 16:19 WIB


警察は、アーティスト「シンシアラ・アロナ」( Cynthiara Alona )が所有するホテルで売春の犠牲になった14〜15歳の少女15人を逮捕しました。

警察自身が「シンシアラ アロナ」を容疑者として断定しました。



タンゲランにあるホテルでは、14〜15歳の女の子が40万ルピアから売春させられています。

これは、Polda Metro Jaya警察署長の広報責任者であるユスリ・ユヌス氏によって明らかにされました。

彼は「シンシアラ アロナ」ホテルの子供商業セックスワーカーの公式価格を明らかにした。 40万ルピアから100万ルピアまで。

「WhatsAppまたはMiChat経由でRp400.00からRp100万」と、金曜日(19/3/2021)のSuarabogor.idから引用された、ジャカルタ警視庁の記者への声明の中でユスリ氏は述べた。

ユスリ氏が続けて、その料金はホテルの部屋を借りる費用を含みます。 取引からの収益は、売春婦、売春斡旋業者に分配されます。 ホテルのオーナーである「シンシアラ・アロナ」にも渡ります。

「5万ルピア、10万ルピアのホテルもある。ホテルの数、被害者の数。1日に2回以上ゲストにサービスを提供するホテルもある」とユスリ氏は語った。

悲しいことに、逮捕された児童買春のほとんどはまだ非常に若いです。

「私たちは同意します、これらの15人は犠牲者です。すべては平均年齢14-15歳の未成年者です」と彼は続けました。

一方、警察は、女性と子どものエンパワーメントのための統合サービスセンター(P2TP2A)と特別保護を必要とする子どもの社会的リハビリテーションセンター(BRSAMPK)ハンダヤニにネットで送られている15人の未成年者を委託しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。