この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

MUI: AstraZeneca Tetap Boleh Digunakan karena Darurat

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Jumat, 19/03/2021 12:17 WIB


インドネシアウラマー評議会(MUI)のファトワ委員会は、英国の製薬会社であるアストラゼネカからのワクチンは、製造に豚肉が含まれているため、政府のCovid-19ワクチン接種プログラムに使用されることは禁止されていると述べました。

それでも、ワクチンがインドネシアのコロナウイルスパンデミック(SARS-CoV-2)を制御する取り組みの1つと見なされていることを考えると、MUIは依然としてアストラゼネカを使用するための青信号を出します。

重要なのは、アストラゼネカのワクチンには豚のワクチン要素が含まれているため、法律はハラームであるということです。

 ただし、緊急事態にあるため、Covid-19パンデミックの危険を防ぐために使用できます」と、MUI委員会の議長であるファトワ氏は、金曜日(19/3)にCNNIndonesia.comから連絡を受けたときに説明しました。

ファトワ氏は同時に、彼側が許可を与えたとしても、インドネシアが他のブランドのワクチンを承認して、摂取が始まった時に許可が取り消されることを強調しました。

彼は例を挙げました。

たとえば、ファイザー社またはノババックス社のワクチンはハラールであり、

アストラゼネカの既存のコンポーネントの新しい研究または更新が行われるまで、アストラゼネカのハラール許可を出す事はしません。

「明らかに、別のハラールワクチンがあれば、イスラムで、アストラゼネカは、禁止することが許されている」と彼は説明した。

ファトワ氏は、アストラゼネカの使用許可には多くの考慮事項があったことを認めました。

MUIがアストラゼネカワクチンの使用を許可している理由は、インドネシアでのワクチンの入手可能性または在庫の制限、ならびにCovid-19の高い罹患率と死亡率です。

彼はまた、2010年にハッジとウムラの巡礼者にハラル髄膜炎ワクチンを使用する許可を決定したときにMUIによって同様の方針が実行され、2018年にはしかと風疹(MR)ワクチンを使用したと説明しました。

「はい、髄膜炎とMRのワクチンはすでにありました。しかし、ハラールのワクチンがあったとき、それらはもはや使用されませんでした」と彼は結論付けました。

インドネシアで使用される7つのCovid-19ワクチン。
保健大臣の法令に基づいて国内で流通する7つのcovid-19ワクチンは次のとおりです。



カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “MUI:「アストラゼネカ製」ワクチンは緊急時に使用可能

  1. かなりややっこしい、情報を出すものだ!正確に、誤解の内容に、以前出した、イスラム法令を弁護したいようにも見えてしまう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。