この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Biaya Melambung, Dapatkah Kereta Cepat
Jakarta-Bandung Rampung Tepat Waktu?

オンラインメディア「テンポ」が伝えています!
Selasa, 23 Maret 2021 10:01 WIB


KPPIPとしても知られる「優先インフラ整備促進委員会」のプロジェクト管理室長のコーディネーターであるユディ・アディ・プルナマ氏は、2020年のCovid-19パンデミック中の労働者の移動の制限など、この分野の障害がJakarta-Bandung高速列車プロジェクトの建設に対する障害の1つです。

  • KPPIP: 優先インフラ整備促進委員会
    Komite Pecepatan Penyediaan Infrastruktur Prioritas 

これは、健康プロトコルの実装により、労働時間と人的資源の配分が最適に実行されなくなったためです。

「これらの制約は逸脱や遅延を引き起こす可能性があります。

しかし、このプロジェクトは依然として受け入れられます」とユディ氏は2021年3月23日月曜日にTempoに語った。

現場の障害物に加えて、時速350キロメートルの列車プロジェクトも最近コスト超過を経験したと言われています。

このニュースは、「PT Kereta Cepat Indonesia China」(KCIC)の取締役会メンバーとコミッショナーがプロジェクトの執行者として交代する中で広まりました。

別々の場所と時間で、2つのTempoソースは、多くの問題、特にプロジェクトコストの増加を解決するために、経営陣の交代が行われたことを確認しました。

2019年の高速列車プロジェクトの費用は、依然として約60億米ドル、または約85兆ルピアです。現在、運賃は元の値の約23パーセント上昇したと推定されています。

プロジェクトのコストが高騰している場合でも、ユディ氏は、プロジェクトが継続するように、KPPIPが引き続き緩和オプションを探すことを保証します。 「所有者と株式所有者は、企業間取引であるため、コストの増加の問題に対処します」と彼は言いました。

現在、中国との協力プロジェクトは、大統領規則No. 109/2020に従って、依然として優先国のリストに含まれていると彼は述べた。

国家戦略プロジェクトの最新のリストは、高速列車プロジェクトを2024年に最大で完了するように設定している。この列車の商業運転目標は数回遅れていますが、KPPIPはKCICがまだ期限に間に合う可能性があると評価しました。

Tempoは昨日、高速列車とそのサポートインフラストラクチャの完成の進捗状況に関する公式の質問をPT.KCICに送信しました。

しかし、経営陣はまだ答えを準備しています。

運輸省のスポークスマンであるアディタ・イラワティ氏は、同省はこの国家戦略的高速列車プロジェクトの建設を計画通りに進めることを引き続き奨励していると述べた。

彼によると、KCICが省に伝えたコミットメントは変わっていません。 「彼らは2022年の終わりまでプロジェクトを完了することを約束している」と彼は言った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “ジャカルタ-バンドン高速列車は,コストが高騰し、時間通りに完成できますか?

  1. 期限が2024年までに伸びている!もう今となったら、バンドゥンまで行くのにそんなに早く行かなくてもいいのでは?という話まで出てきている。さらに、今度はスラバヤまで、日本製の新幹線がほしいらしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。