この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

MUI: AstraZeneca Tak Boleh Digunakan Saat Kondisi Normal

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 24/03/2021 05:14 WIB


インドネシアウラマー評議会(MUI)のファトワ部門の議長であるアスロルン・ ニアム氏は、Covid-19ワクチンのAstraZenecaブランドを通常の状態で使用すべきではないと強調しました。

 この状態は、政府がワクチンの使用において他の選択肢を持っている場合を指します。

ニアム氏によれば、同様の条件が緊急使用許可(EUA)または英国のワクチンのために食品医薬品局(BPOM)によって発行された緊急時にワクチンを使用する許可にも適用されます。

BPOMが実施する状況のセキュリティ面では、状態が正常であれば、それは絶対に許可されません。彼はさまざまなテスト段階に合格する必要があります」と、火曜日(23/3)にDetikcomが放送したd’rooftalkプログラムでニアム氏は述べました。 )

参考資料:BPOM「インドネシア国家食品医薬品監督庁」

ニアム氏によれば、政府は現在、アストラゼネカ製を使用するための条件として緊急事態を設定しています。 この条件は、もともと禁止されていた何かを許していたと彼は言った。

禁止された成分を含むワクチンの使用を許可することも、MUIにとって初めてではない、とニアム氏は述べた。 以前、MUIは、2000年に許可されなかった要素を含むことが判明したポリオワクチンを使用するためのライセンスも発行していました。

その後、2005年に注射によるポリオワクチンがありました。2009年にトリプシンまたは豚の胃の一部を含むことが知られている髄膜炎ワクチンが続きました。 しかし、緊急事態であったため、MUIはワクチンの使用を許可することを決定したと彼は述べた。

参考資料:トリプシン酵素「豚から作られる酵素」


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “インドネシアウラマー評議会:アストラゼネカ製ワクチンは通常の状態では使用できない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。