この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

2 Tahun MRT Jakarta, Gaya Hidup Naik
‘BMW’ Makin Populer

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Rabu, 24 Mar 2021 07:15 WIB


「彼らが街のすべての場所でこれを作り終えたら、どこにでも行くのは本当に簡単です。素早く簡単です。」 これは、YouTubeチャンネルで見られるように、ジャカルタMRTを試した後、YouTuberであり世界旅行者であるアレクサンダー・ホワイト氏によって伝えられた文章です。

同じ日に、アレクサンダー氏はトランスジャカルタバスを試し、次の交通手段に歩いて旧市街、モナス、ゲロラ・ブンカルノを訪れました。 アレクサンダー氏は、一般的な先進国の都市の市民の移動と同じように、「BMW」(Bus, MRT, Walk)使用しています。

「BMW」に使ったアレクサンダーの経験は、MRTジャカルタの運行以来、首都の多くの住民にも感じられたかもしれません。 運行ルートの長さはわずか16kmですが、過去2年間のMRTの存在は、公共交通機関を利用するジャカルタの人々のライフスタイルを変えることに成功しました。

<コミュニティからの信頼>

PT MRTジャカルタは、Moda Raya Terpadu (MRT)の2年間の運航で輸送された乗客の総数を3,550万人(2021年3月16日現在)と記録しました。 パンデミックが妨げになり、この数値は目標セットよりはるかに少ない可能性があります。 しかし、MRTの信頼性、快適性、安全性は、乗客への信頼感を生み出すことに成功しました。

2020年を通じて、MRTジャカルタの時間厳守は99.98%に達し、総旅行数は69,276回の列車旅行に達しました。

適時性は、駅間の列車の到着時間の99.97%の精度、駅での停車の99.98%の精度、および移動時間の99.98%の精度で構成されていました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “MRTジャカルタの2年間、「BMW」ライフスタイルはますます人気!

  1. お隣のシンガポールのMRTと比べてしまいガチですが、便利になるので、
    早くさまざまなお店も開いてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。