この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Dapat Surat Tilang Elektronik tapi Kendaraan Bukan Punya Kita Lagi,
Ini yang Harus Dilakukan

オンラインメディア「detikom」が伝えています!
Kamis, 25 Mar 2021 06:51 WIB


国家警察の交通隊(Korlantas)は、12 の地方警察で国家電子交通法執行機関(ETLE)の立ち上げを開始しました。

 電子チケットシステムでは、交通違反者は車両データに従って自宅の住所にチケットレターを送信されます。

それでは、迷子の電子チケットを受け取ったらどうなるでしょうか。

たとえば、実際に販売され、所有権が変更された車両。

ETLE Polda Metro JayaのWebサイトで説明されているように、交通違反者がETLEカメラで捕らえられた後、警官は車両データを特定します。

 次に、警官は自動車の住所に確認書を送ります。 最初に送られた手紙はチケットではなく、確認の手紙であることが強調されました。

手紙を受け取った後、違反が発生した場合、車両の所有者は車両とドライバーの所有権を確認する必要があります。 ETLEカメラで捕らえられた車両が本人のものでない場合、これはすぐに確認されなければなりません。

Polda MetroJayaの交通局の開発および法執行のための副局長である<※AKBP> ファリ・シレガル氏によると、ETLEの選択プロセスは関連する情報または確認に基づいています。 関係者が実際に違反したかどうかを証明するために確認が必要です。

AKBP:ajun komisaris besar polisi(警察内の階級、中佐に相当)

その確認から、次のことがわかります。

与えられた正しい情報。 提供された情報を理解する必要がありますとファリ氏は最近detikcomに言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “電子チケットを受け取りましたが、車両はもう私たちのものではありません、これがしなければならないこと。

  1. インドネシアもどんどんネット社会になっています。なりすましのメールや詐欺がなるべく少なくなるように祈っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。