タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Polri: Pelaku Bom Bunuh Diri di Makassar Pasangan Suami Istri

オンラインメディア「Kompas」が伝えています!
29/03/2021, 12:33 WIB


国家警察の広報部長であるアルゴ・ユウォノ監察官は、日曜日(2021年3月28日)に南スラウェシのマカッサル大聖堂の中庭で自爆テロ犯が夫婦であったことを明らかにした。

警察:マカッサルでの自爆テロの加害者は夫婦

どちらも少し前に結婚したばかりであることが知られています。

「加害者は結婚期間は、6か月間」とアルゴ氏は月曜日(2021年3月29日)の声明で述べた。 彼は、男性の加害者の身元、イニシャルはLであると述べた。

一方、女性の加害者はYSFであり、民間の従業員であった。

 どちらも、フィリピン南部のホロ島にあるカーメル山の聖母大聖堂で同様の行動をとっていた<*>ジャマー・アンシャルト・ダウラ(JAD)の一部です。 「加害者はJADと提携していた」と彼は言った。


<*>ジャマー・アンシャルト・ダウラ(JAD):Jamaah Ansharut Daulah

「ジャマー・アンシャルット・ダウラ」(JAD)は,2014年,「イラク・レバントのイスラム国」(ISIL)を支持するインドネシアの過激説教師アマン・アブドゥルラフマン(収監中)が,ISIL支配地域へのヒジュラ(移住)や「ジハード」の奨励を通じたISIL支援を掲げ,配下2人(初代指導者マルワン及び2代目指導者ザイナル・アンショリ。前者は2015年9月までにシリアへ渡航し,後者は2017年4月に逮捕)を通じて設立したイスラム過激組織である。2017年7月時点で,少なくとも16州に約4,000人のメンバーを擁していたとされる。2018年3月にフィリピン南部・ミンダナオ島で指導者(当時)ムショラが逮捕された後の指導体制は明らかでない。<参照元は上の*印をクリック>

アルゴ氏は、自爆テロ犯の調査はまだ進行中であると述べた。 ア加害者の家を含む他の証拠を見つけるために多くの場所が検索されました。


 「メンバーの現場での作業の結果を待っている。すべてが明確に明らかになることを願っている」と彼は語った。

 一方、病院で治療を受けている自爆テロで負傷した犠牲者の数は現在15人です。 合計13名がバヤンカリ・マカッサル病院で治療を受け、他の2名はシロアム病院で治療を受けた。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

 

close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。