この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Masa Interval Vaksin AstraZeneca Disarankan 8 Minggu

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 31/03/2021 05:50 WIB


全国予防接種専門家諮問委員会(ITAGI)は、間隔期間、つまり最初のワクチン投与と2回目のアストラゼネカ注射の間の間隔を8週間または約2ヶ月。

タイミングは、英国の製薬会社からのワクチン間隔の範囲の中で最も速く、8〜12週間の期間です。 時間間隔の選択は、有効性の結果に基づいて十分に長く、免疫原性データによって裏付けられました。

火曜日(30/3)にCNNIndonesia.comが受け取った声明の中で、ITAGIのスリ・レゼキ・ハディネゴロ会長は、「現場での運用実施には、8週間の間隔を選択する方が適切です」と述べています。

スリ氏はまた、血栓の疑いのある症例のために様々な国で一時的に停止されていたアストラゼネカワクチンは、調査された後、英国でのアストラゼネカワクチンの臨床試験で血液凝固障害の兆候または報告がなかったことを強調しました。

スリ氏はまた、血液凝固障害がワクチンに関連して非常にまれに発生することを明らかになったので、デンマーク、ノルウェー、アイスランドで発生する血液凝固症例の原因を見つけるためにさらなる研究が行われる予定です。

したがって、アストラゼネカはインドネシアで正式に使用されていますが、特にワクチン接種の対象となる方々の併存疾患に関しては、特別な注意が必要であると彼は述べました。

「したがって、高齢者、特に併存症のある人にアストラゼネカCovid-19ワクチンを接種する場合は、脆弱性または感受性の基準に従ったスクリーニングに注意を払う必要があります」と彼は説明しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。