この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Muhammadiyah: Teror di Mabes Polri Tamparan Keras bagi Polisi

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 01/04/2021 09:50 WIB


ムハマディヤ中央指導部書記長のアブドゥル・ムティは、警察本部でのテロ攻撃は、彼らの司令部の中心部で起こったため、警察にとって大きな打撃であったと判断した。


<参考資料>

ムハマディヤ(Muhammadiyah)とは、

インドネシアで興った「イスラーム本来に戻るべき」という近代イスラーム改革運動として1912年11月18日にジャワ島中部のジョクジャカルタ(ヨグヤカルタ)で発足した団体(ムハマディヤ協会)で、K.H.アフマド・タフラン(1868-1923年)が創立者である。その後、ジャワ島の他の地方都市やスマトラ島に広がり、全国区の団体へと成長した。ちなみにムハマディヤとは、預言者ムハンマドの「信者」あるいは「信奉者」を意味する。<ウキペディアより>


アブドゥル氏は木曜日に引用されたビデオの公式声明で、「国家警察本部でのテロ攻撃は、国家安全保障司令部の中心にあるため、治安機関、特に警察にとって厳しい平手打ちである」と述べた。

アブドゥル氏は、警察本部でのテロ行為の主なメッセージは、テロの脅威はインドネシアでは単純な問題ではなく、現時点では非常に深刻な事件であるということであると述べた。

「規模からはわからないが、犯行現場から、テロの脅威は深刻な脅威であるという強いメッセージを与えている」と彼は述べた。

最近の一連のテロ行為を見て、アブドゥル氏はすべての当事者にそれらをさりげなく見ないように求めた。 彼によると、装置と警察本部には真剣な注意と非常に厳しいセキュリティが必要です。

「テロ対策の最前線の警備装置としての警察は別として、彼らは身を守る必要もある」とアブドゥル氏は述べた。

「今ではお互いを責める理由はもうありません。そして今、私たちはテロの脅威を克服する方法に一緒に取り組んでいます」と彼は付け加えました。

テロ行為は水曜日(31/3)の午後に警察本部で行われました。 攻撃を記録したCCTVの映像から、完全に閉じた服を着た女性が警備している警察に銃を向けていることがわかりました。

 

犯人が麻痺して死んだとき、彼女の体からそれほど遠くないところに黄色いフォルダーがあった。 さらに、彼女が持っていた銃身の短い銃の疑いもあります。

 

警察署長のリストヨ・シギット・プラボウォ将軍は、警察本部でのテロの加害者が「イニシャルZA」を持っていることを明らかにした。 加害者は一人で行動する一匹狼です。 警察署長は、ZAの行動は、ISISネットワークに関連している可能性が高いテロリストの急進主義によって引き起こされたと考えています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “ムハマディヤ:警察本部での恐怖が警察に平手打ち

  1. 自分の家の前で、テロが始まったら怖いよね!警察も生きた気持ちになれない。周りに住む方々も怖い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。