この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Sekolah Tatap Muka 2 Jam Saja, Siswa SDN Cipete Utara 15 Langsung Pulang

オンラインメディア「detikom」が伝えています!
Rabu, 07 Apr 2021 10:04 WIB


ジャカルタの多くの学校が対面学習を試験的に行っています。

そのうちの1つは、南ジャカルタのケバヨランバルにある Cipete Utara15小学校です。

生徒たちは友達とぶらぶらすることなく早く家に帰ります。

Detikcom水曜日(2021年7月4日)09.00 WIBで、07.00WIB以降の最初のセッションに参加した5年生の生徒が校舎を離れ始めました。

この対面式の学校は2時間しか続きません。

最初のセッションを受講した学生は、混雑を避けるために裏門を通って帰りました。家に帰る方法は、クラスの教師からの指示の結果です。

混雑している学生もいませんでした。 チャットしたり、ぶらぶらしたり、間食したりする人は誰もいませんでした。 彼らは皆マスクをしています。

Cipete Utara 15 小学校は、2回目のセッションでも引き続き教育と学習活動を行いました。 以前は、最初のセッションでは07.00 WIB〜09.00WIBで行われました。

「セッション1は07-00から09.00まで、セッション2は09.30-1130からです」と、TriCahyadiでのCipete Utara15小学校の校長は言いました。

 

学校エリアでは、静かで、おやつを売る商人がいないことも観察されました。 配送と受け取りをする保護者は、学校の門の前でのみ許可されています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
 
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “対面授業が、Cipete Utara15 小学校で2時間のみで、生徒が帰宅 

  1. ワクチン接種の理由で、間違いなくコロナ感染者「陽性者」自体は減っている来ているが、感染者の数や死亡者数の数は、顕著に減ってきていない。その中で、小学校の試験的登校を始めた!学校で問題になるのではなく、やはりいつも近くに人がいる家庭での感染が問題のような気がする。レストランでもなく、日本では、Gotoトラベルが原因で、陽性者が増えたという話もデータでは出てきていない。インドネシアでも、かもしれないではなく、しっかりしたデータを作り、まずは、医学的な正しい判断ができる方々によって見極めていただきたい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。