この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Bio Farma Klaim Sudah Amankan 35 Juta Dosis Vaksin Mandiri

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 08/04/2021 17:17 WIB


PT Bio Farma ホネスティ・バシィル社長は、独立したワクチン接種プログラムのために約3,500万回分のcovid-19ワクチンを確保したと述べました。

詳細は、中国からのシノファームタイプのワクチンの1500万回分、ロシアからのスプートニクVワクチンの2000万回分です。

「これまでのすべてのワクチンは、相互扶助ワクチンのために約3500万回投与された」と彼は木曜日(4月8日)にDPRの委員会IXとの合同会議で述べた。

ホネスティ氏は、4月の第4週に、シノファームが初期段階で約50万回分のワクチンを送る予定であると説明しました。

「その後、2021年4月から7月にさらに700万回の投与があり、第3四半期から第4四半期に750万回の投与があります」と彼は説明した。

その後、スプートニクV型ワクチンについては、現在、緊急使用許可(EUA)に関して食品医薬品局(BPOM)に登録中です。

「POMからのEUAがリリースされた後、4月の第4週の終わり、2021年5月上旬に、月に500万回の投与から始まり、7月の後半までです。合計は2000万回です」と彼は付け加えました。

それとは別に、誠実さを継続し、彼の党はまた、中国からCanSinoワクチンを入手するための合意の過程にあります。 SinopharmやSputnikVとは対照的に、このワクチンはコロナウイルスからの免疫を作り出すのに1回の投与で済みます。

CanSino:中国製ワクチンの1つ

<関連記事>

  • メキシコ、中国シノバックとカンシノ製コロナワクチンの緊急使用承認

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-mexico-cansino-idJPKBN2AB0D2

  • 中国カンシノ、コロナワクチン候補の有効性7%-軍と共同開発

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-02-09/QO7PW0T0G1L001

  • 中国で新型コロナウイルスに対するワクチンの臨床試験がスタート

https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/20/03/23/06723/


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “Bio Farmaは、3500万回の独立したワクチン投与量を確保したと主張

  1. さらに中国から、違うワクチンを入れようとしている!さらにロシアからも。この国は、いろんな国から、さまざまなワクチンを入れようとする。もしものリスク回避できるかもしれないが。その時にそれぞれのワクチンからの賠償などは受ける契約はできているのであろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。