この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Surat Terbuka 24 Ilmuwan Dunia Tolak
Hasil Studi Covid-19 WHO dan Cina

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Kamis, 8 April 2021 16:04 WIB


北京の関与の有無にかかわらず、いくつかの国の科学者がCovid-19の起源の新しいより厳密な調査を求めています。

彼らは、パンデミックがどのように始まったかについて信頼できる答えを提供しないとみなされた世界保健機関(WHO)と中国による共同研究の結果に応えました。

公開書簡の中で、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、アジア(日本)の24人の科学者と研究者は、この研究は政治的に汚染されていると述べた。

「彼らの出発点は、中国からの協力を得るために必要なだけ妥協」と、2021年4月8日木曜日に手紙を起草した大西洋評議会シンクタンクの主任研究員であるジェイミー・メツェル氏は述べた。

先週発表されたWHOと中国による共同研究は、中国と東南アジアでコウモリやその他の野生生物が関与する、Covid-19を引き起こすウイルスであるSARS-CoV-2の最も可能性の高い感染経路に光を当てています。

しかし、共同研究者によると、このルートは、実験室からのウイルスの漏出の可能性を排除しました。

また、共同研究の結論は未発表の中国の研究に基づいていると述べた。 重要な記録と生物学的サンプルがありますが、「アクセスできないままです」。

WHOのテドロス・アダノン・ゲブレイエス事務総長が先週、中国はデータを差し控えていると述べたため、この主張は大したことではありません。

一方、中国のCovid-19上級専門家であるリアン・ウワニアン氏は、中国でのさらなる共同調査を否定し、除外しているようでした。

実際、リアン・ウワニアン氏は、焦点を他の国に移さなければならないと述べた。

「世界は計画Bに戻り、中国の関与なしに最も体系的な方法で調査を実施しなければならないかもしれない」とメッツ氏は述べた。

中国政府は、SARS-CoV-2が2019年後半にCovid-19が最初に特定された都市である武漢の研究所から漏洩したという申し立てを拒否しました。

中国とWHOの共同研究では、実験室での漏出の可能性は非常に低いとも述べています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “WHOと中国のCovid-19研究結果を拒否する24人の世界の科学者の公開書簡

  1. インドネシアオンラインメディア「Tempo」は、中国寄りの報道をしませんね。気になるのは、ジャカルタポストです。ここにはC国のプロパダンダ記事があります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。