この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Berbagai Stimulus Ekonomi dan
Program Promosi Gairahkan Sektor Properti pada 2021

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
09/04/2021, 09:03 WIB


Covid-19のパンデミックは依然としてインドネシアを襲っていますが、2021年の不動産セクターは前年よりも熱狂的であると予測されています。

この予測は、不動産セクターにおける新しいインドネシア政府の政策によって裏付けられています。

政府は、50億ルピアまでの土地の家やアパートの購入に対して、付加価値税(VAT)のインセンティブを発行します。

20億ルピアから50億ルピアの価値のある家の場合、政府は購入のVAT費用の半分を負担します。

一方、価格が20億ルピア未満の住宅については、政府がVATを全額負担します。

税制上の優遇措置とは別に、2021年には、政府はインフラストラクチャーを国民経済の変革の先駆者にする予定です。

このセクターで準備された予算もやや爆発的で、413.8兆ルピアに達しています。

予算は、パンデミックの状況に適応した後、わずか281.1兆ルピアであった前年と比較して47.2パーセント増加しました。

それだけでなく、インドネシア銀行(BI)は、クレジットによる不動産購入の0%頭金に関する新しい規制を発表し、ベンチマーク金利を引き下げました。

開発者側からは、人々が夢の物件を購入しやすくするために、多くのプロモーションが実施されました。

たとえば、シナノマスランドは、インドネシアのさまざまな地域でのシナノマスランドプロジェクトに適用される、「Wish for Home」というタイトルの全国的な2021年のプログラムを開始しました。

シナノマスランドはまた、現金購入と住宅ローン(KPR)の両方に対して、さまざまな支払い免除を提供しています。

シナノマスランド アリム・グナディ氏マネージングディレクターは、「Wish for Home」プログラムの期間は2021年3月6日から12月31日までであると述べました。

この期間中、Wish for Homeは3月6日から6月30日、7月1日から9月30日までの3つの期間に分けられます。

および2021年10月1日から12月31日まで。

「3回のうち、最初の期間は最高のプロモーションを提供する期間です。

彼は続けて、最初の期間の購入については、消費者は、現金または頭金補助金、利子補助金、および土地の権利の取得のための無料での購入に対して、最大15%、最大10%の占有インセンティブの資金援助を受けるでしょう。建物(BPHTB)、および1回限りの振込手数料。

(中略)

「いくつかの製品の購入については、昨年の「Move in Quickly」プログラムで以前に取引を行ったシナノマスランドの忠実な顧客の不動産製品の購入が1%削減されるなど、追加の割引が適用されます」とアリム氏は説明します。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

2 thoughts on “2021年に不動産セクターを刺激するためのさまざまな経済的刺激と促進プログラム

  1. 投資を考えている人なら、この時が、ピンチがチャンスになるかもです!

  2. 今の状態は、あと先が不透明で、投資においては、メンタル的にはおそらく最悪の状態。でも将来への投資を考えられているのであれば、みんな同じ様な事を考えていると思うので、お得な条件が揃っているのが現状であるのは、間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。