この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Ini Syarat-syarat Orang Bepergian di Masa Larangan Mudik Lebaran

オンランメディア「Tempo」が伝えています!
Jumat, 9 April 2021 08:54 WIB


政府は、公式旅行や葬儀などの緊急の関心を持つ人々の帰宅を禁止する規則を免除しました。

 Covid-19を取り扱う政府のスポークスパーソン、ウィク・アディサスミト氏は人たちの移動に関する制限が適用される場合に、旅行する可能性のある6つのグループがあると詳細に述べました。

「ロジスティクス流通サービスと緊急のニーズを除いて、2021年5月6日から17日までの帰宅禁止に関する規則」とウィク氏は2021年4月8日木曜日の記者会見で述べた。

旅行が許可されている最初のグループは、公務員、国有企業、警察官、インドネシア軍人、公式旅行に行く民間従業員として働く人々です。

2番目のグループは、病気の家族を訪問する必要がある人々です。

3番目に、亡くなった家族のために葬儀をする人たち。

4番目のグループは1人の同伴者がいる妊婦で、

5番目のグループは出産する母親と2人の助手です。

6番目のグループは緊急医療サービスを必要とする人々です。

公式旅行に行く労働者は、上司からのウェット署名とウェットスタンプが付いた譲渡状をポケットに入れる必要があります。

公務員の場合、許可は部隊・役人またはそれに相当する者によって付与されなければなりません。

一方、非公式労働者および一般市民の場合、旅行許可は、居住地の住所に応じて村または町によって発行される必要があります。ウィク氏は、許可証は自宅への片道旅行に有効であると説明しました。

旅行者は17歳以上でなければなりません。さらに、特別許可を取得した人は、目的地に到着してから5×24時間、活動を行う前に検疫する必要があります。

検疫施設は、地方自治体やホテルが提供するスペースを独自の費用で使用します。イードの帰省以外の居住者がいることが判明した場合、警官は旅行を中止します。旅行者も元の場所に戻らなければなりません。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。