この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Bad News! Vaksin Pfizer Tak Mempan Lawan Varian Corona Afsel B1351

オンラインメディア「detikom」が伝えています!
12 Apr 2021 09:15 WIB


イスラエルでの新しい研究によると、南アフリカで最初に発見されたコロナウイルスの亜種は、「ファイザー-バイオテック」ワクチンからの保護を回避できると言われています。

テルアビブ大学とイスラエル最大の医療提供者であるクラリットが実施した調査では、南アフリカのウイルスがファイザーのCOVID-19ワクチンが提供する防御を回避できることがわかりました。

 この研究は、COVID-19に陽性でワクチン接種を受けた約400人と、ワクチン接種を受けたがCOVID-19に陽性ではなかった400人を対象に実施されました。

CNBC Internationalからの引用によると、研究者は、南アフリカのB1351変異体の約1%が、調査されたCOVID-19の多くの症例で発見されたことを発見しました。

さらに、ワクチンを2回接種した人の場合、南アフリカの亜種の有病率は、ワクチンを接種していない人の8倍であり、5.4%対0.7%でした。

「これは、元のコロナウイルスや、イスラエルのほぼすべてのCOVID-19症例を含む、英国で最初に確認された変異体と比較して、ワクチンが南アフリカの変異体に対して効果が低いことを示唆している」と研究者らは述べた。

テルアビブ大学のアディステルン氏は、「ワクチン未接種のグループと比較して、2回目の接種を受けた人々の間で南アフリカの亜種の割合が高いことがわかりました。これは、南アフリカの亜種がワクチン保護にある程度浸透できることを意味します」と述べています。

限られたサンプルでしか行われていないため、これらの結果をベンチマークとして使用することはできないと研究者が警告しているだけです。

ファイザー-バイオテックはこれらの調査結果について、まだコメントしていません。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “悪いニュース! 「ファイザーワクチン」、南アフリカの変異株「コロナB1351」に対しては機能しない!

  1. このような亜種は、いつまで経っても、誰もコントロールできません。ウィルス自身に聞いたって、突然変異なのだから、彼らにだって答えられない。このような事で、人類がいつまで、右往左往しているのだろうか?
    世の中の専門家の皆様、あるいは違う角度から解読できる方々へ、どうか手を挙げて、今まで言えなかった事も含め、話を初めてほしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。