タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Ratusan Polisi Terjerat Kasus Narkoba dari Tahun ke Tahun

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 14/04/2021 06:12 WIB


警察官は毎年麻薬事件に巻き込まれます。 国家警察の記録に基づくと、ユーザーであり、麻薬の売人でさえあるバヤンガラ(警察)軍団のメンバーは増え続けています。

毎年何百人もの警察が「麻薬事件」に巻き込まれる!

2018年以降の過去3年間で、麻薬事件に巻き込まれた警察官は100人を下回ったことはありません。

2018年、麻薬事件に関与した警察は297人に達しました。 この数は2019年に約2倍の515人になりました。

一方、2020年、国家警察の広報部長、警察監察官のアルゴ・ユアノ氏は、昨年1月から10月の間に重大な違反で113人のメンバーを解雇したと述べた。

これらのうち、メンバーの大多数は麻薬犯罪に関与していた。 しかし、アルゴは何人の警察官が麻薬犯罪を犯したかを特定していませんでした。

「さまざまな重大な犯罪、特に麻薬に関与した警察の確固たる行動が解雇された。1月から10月までに113人がいた」とアルゴは2020年10月に述べた。

アルゴ氏の声明は、麻薬の宅配便で逮捕されたリアウ警察の刑事捜査局の元身分証明書長であるIZ少佐を罠にかけた麻薬事件と一致した。

その時、IZ氏はリアウ州ペカンバル市のジャラン・スカルノ・ハッタで16キログラムの覚醒剤を運んでいたときに逮捕されました。

その後、2021年、アスタナ・アヤル警察署長のユニ少佐と彼の部下11人が薬物乱用で逮捕された後、警察の薬物事件への関与が、突然多くなりました。

この場合、ユニ少佐は、尿検査を受けた後、アンフェタミンまたは覚醒剤の結晶が陽性でした。 彼はまた、調査プロセスの文脈で西ジャワ地域警察の中堅役員として異動しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “毎年何百人もの警察が「麻薬事件」に巻き込まれる!

  1. 取締る方が、仲間になってしまうのは、十分考えられる事です。
    しかも上層部にまでいくような腐敗もあるでしょう。

    昔のギャング映画やヤクザ映画にもこのような事がありましたが、
    人間の弱さを考えれば、十分にあり得る話なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。