Satgas: Indonesia Terus Berupaya Kurangi Ketergantungan
Vaksin Luar Negeri

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Rabu, 14 April 2021 | 07:49 WIB


Covid-19処理タスクフォースのスポークスパーソンであるウィク・アディサスミト氏は、インドネシア政府はCovid-19ワクチンのニーズを満たすために引き続き努力すると述べた。

それに沿って、海外からのワクチンの必要性への依存を減らし、国内のワクチン生産を奨励することも目指しています。

ウィク氏は、国内のワクチン生産を奨励したのは、Covid-19の症例が急増したためにインドがワクチンに課した禁輸措置を反映したためだと述べた。

関連記事:インド、アストラゼネカ製ワクチンの輸出中断 感染拡大する国内での接種優先

https://wedge.ismedia.jp/articles/-/22546

この場合、PT Bio Farmaは、Sinovacワクチンの生産能力を引き続き増強して2500万回分に到達させます。

火曜日(2021年4月14日)の国際メディアブリーフィングでメディアの問い合わせに答えたとき、

「ワクチン生産能力の増加により、国内のワクチン需要は達成されるだろう」とウィク氏は述べた。

<中略>

さらに、政府は、人々を保護できるように、予防接種プログラムが引き続き適切に実行されることを保証し続けます。

ウィク氏によると、政府は世界の多くの国との協力スキームを通じてワクチンのニーズに応え続けています。さらに、政府はまた、民間団体が相互協力ワクチンプログラムに参加する機会を開きます。

このプログラムの登録は、インドネシア商工会議所(カディン)によってステージ2まで終了しました。

「参加企業からの熱意は非常に高い。インドネシア商工会議所は、第3フェーズの登録を再開する予定だ」とウィク氏は語った。

ウィク氏はまた、政府は現在、相互協力ワクチン接種の実施に向けた準備を完了しており、民間企業もそれを実施する準備ができていると述べた。

現在、相互協力ワクチン接種プログラムのワクチンは、PT. Bio Farmaのワクチンの輸入が確実になることで待っています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

    1 thought on “タスクフォース:インドネシアは海外のワクチン依存を減らすために努力

    1. インドがEUからライセンス製造と販売をしているようですが、国内の自国民への配布が少ないから、自国を中心に使用するために、輸出を抑えたと言う理由が、今回の件に響いているようです!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。