タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Vaksin Nusantara Diujikan ke DPR,
Pakar UGM Jelaskan Peran Krusial BPOM

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Rabu, 14 April 2021 19:57 WIB


食品医薬品監督庁(BPOM)から許可を得ていないにもかかわらず、ヌサンタラワクチンの入手を主張する多くの国会議員の行動が注目を浴びています。

国会でテストされるヌサンタラワクチン、UGMの専門家がBPOMの重要な役割を説明

ガジャマダ大学(UGM)の医学・公衆衛生・看護学部の副学部長でもある上級講師は、ワクチン検査の流れにおける食品医薬品監督庁(BPOM)の重要な役割について説明しました。

「BPOMの役割は非常に重要です。緊急事態でのワクチンの使用にも規制があり、安全を維持できます」と、2021年4月14日水曜日にヨディ氏は述べています。

ワクチン検査の流れの中で、ヨディ氏は、BPOMのみが所有し、非国家機関が所有していないものがあることを否定しなかった。だからこそワクチンの安全性を確保するための手順に従う必要がありました。

「BPOMには、国際的に適用される品質基準に基づいて評価を実施する能力があります」とヨディ氏は述べています。

さらに、BPOMは、国家医薬品食品監督庁と、インドネシアの免疫技術諮問グループのメンバーである免疫学およびワクチンの分野の専門家チームとともに、さまざまな国での臨床試験の開発を追跡できる唯一の機関です。(予防接種に関する諮問機関 (ITAGI)およびその他の関連する専門家チームが含む)

ヨディ氏によると、政府は現在、開発中の赤と白のワクチン、緊急時を含む優れたワクチンの開発の原則など、自立の文脈を含め、ワクチン接種を加速するためのさまざまな努力をしています。

「私の希望は、DPRと一般市民がワクチン開発の原則に従った取り組みを支援することです」とヨディ氏は述べています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

2 thoughts on “国会でテストされるヌサンタラワクチン、UGMの専門家がBPOMの重要な役割を説明

  1. 純国内産ワクチンは、どうだろう。まだまだ信用できないのではないだろうか?
    残念ながら、不安感を国民も感じていると思う。だから逆に国会が先導しているように見える!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。