皆様とどうぞ共有ください!

Negara-negara Ini Belum Terima Vaksin
Saat Dunia Berlomba Perangi Corona

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Jumat, 16 Apr 2021 08:40 WIB


世界中で6億回以上のワクチン接種が行われている現在、ニカラグアのようにコロナウイルスワクチンの初回接種を待っている国があります。

世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノムゲブレイエス事務総長は、この状況を「冗談」と呼びました。 彼は、パンデミックの急性期に取り組むために、世界的な生産を増やし、ワクチンを公正に配布するよう求めた。

世界の予防接種マップでは、リビアからマダガスカルまで、まだ多くのアフリカ諸国が物資を待っています。 これらの国々は、WHOの予防接種統計にも掲載されていません。

同様の状況は、中央アジアだけでなく、北朝鮮、キューバ、ボスニア・ヘルツェゴビナにも存在します。 しかし、それはこれらの国々がワクチンをまったく受けていないという意味ではありません。

ボスニアは5月下旬に最初の大規模なワクチンの配達を受ける予定ですが、以前は近隣のセルビアから寄贈されたいくつかのワクチンを受け取っています。

アフリカの10カ国はワクチンの接種を受けていません

非政府の政治将校であるクレメンス・シュワンホールド氏は、「アフリカに関しては、44カ国がワクチンの供給を受けているという朗報がある。しかし逆に言えば、これはもちろん、これまでに10カ国がワクチンを受け取っていないことも意味する」と述べた。

マダガスカル、ブルンジ、エリトリアは、ウイルスが他の方法で戦うことができると政府が信じている国です。

一方、タンザニアでは、コロナウイルスに懐疑的だったジョン・マグフリ大統領が、未確認のCOVID-19感染の噂を受けて突然亡くなった後、変化を経験し始めました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す