タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Awal Ramadan, Kemensos Salurkan Bantuan
Tunai Rp 6,53 Triliun untuk KPM

オンラインメディア「Suara.com」が伝えています!
Senin, 19 April 2021 | 08:19 WIB


社会問題省は、2021年4月またはラマダンの月の初めに家族希望プログラム(PKH)のフェーズIIのために現金による社会的支援を配布しました。 提供された現金による社会的支援は6.53兆ルピアでした。

ラマダンの初めに、社会問題省はKPMのために6.53兆ルピアの現金援助

社会的支援は、インドネシアのすべての地域の9,074,584人のPKH受益者家族(KPM)に提供されました。

「この支援の支払いは、4月のフェーズIIに対するものです。したがって、偶然にも断食の始まりに適合します」と、日曜日(18/4/2021)の書面による声明でトリィ・リスマハリイニ社会相は述べました。

リスマ氏は、PKH支援の支払いにより、断食月のKPMで支出の負担を軽減できることを期待しています。 彼女によると、ラマダンの月に入ると、通常の日と比較して家計のニーズが高まるからです。

「断食支出の月は、スフールとイフタールのニーズを満たすため、タクジルを購入するため、または他の追加の食料を購入するために増加するだろう」と彼女は言った。

さらに、リスマ氏はまた、PKH社会的支援の支払いが、Covid-19パンデミックに見舞われたために経済回復を加速するのに役立つことを望んでいます。 人々の購買力が高まると、自動的に小規模経営者が利益を得るでしょう。

「人々の貯蓄の増加に伴い、購買力は高くなります」と元スラバヤ市長は言いました。

現金の分配については、社会問題省が国営銀行と協力しています。 現金による社会的支援は、KPMの口座に直接送られます。

「彼らは、ATM、E-Warong(*)および銀行によって任命された銀行代理店で受けた支援を受け取る事ができる」と彼女は述べた。

(*)E-Warong:

http://indonesiabaik.id/infografis/e-warung-lebih-murah-dan-mudah

相互協力(e-warong)電子屋台は、恵まれない住民に現金以外の社会的支援を配布する政府の延長です。 このシステムでは、社会的支援や補助金は銀行システムを使用して現金以外で分配されます。 目標は、逸脱を減らし、制御を容易にし、目標、時間、および量を達成することです。

e-warongは、基本的な必需品を購入する場所としてだけでなく、

e-warongは、社会的支援の支払い、現金以外の買い物、オープン貯蓄、現金の入出金、送金、電気代の支払い、電話、BPJS、PAM、分割払い、チケットを提供するミニ自動預け払い機(ATM)としても機能します。電気トークン、さらには携帯のプルサ。

3キログラムのLPGガスボンベでさえe-warongでのみ入手できます。使用するATMはコンボと呼ばれるカードです。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

1 thought on “ラマダンの初めに、社会問題省はKPMのために6.53兆ルピアの現金援助

  1. このように、インドネシアの各閣僚を中心に、税金を使い、社会的支援を公開します!とても意外に感じていますが、公開してくるだけでも何か安心感があります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。