タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Satgas Covid-19: Virus Varian Baru
dari Brasil dan Afsel Belum Masuk RI

オンラインメディア「Suara.com」が伝えています!
Senin, 19 April 2021 | 07:13 WIB


Covid-19処理タスクフォースは、インドネシアでは、これまで南アフリカからのB1351コロナ変異体とブラジルからのP1変異体が発見されていないことを明らかにしました。

Covid-19タスクフォース:ブラジルと南アフリカからの新しい変異体ウイルスはRIに侵入していません。

Covid-19タスクフォースのデータおよび情報技術の責任者であるデウィヌル・アイシャ氏は、現在、インドネシアへの侵入が確認されているWHOの懸念の差異は、2021年1月の英国からのB117であり、10件であると述べました。

「南アフリカでB1351の突然変異があったと聞きますが、インドネシアでは発見されいません。ブラジルや日本でも発見されましたが、インドネシアでは、P1変異体は発見されていません。」とCovid-19タスクでデウィ氏は述べた。強制調整会議、日曜日(2021年4月18日)

一方、WHOの関心のある分散カテゴリでは、インドネシアで3つのコロナ変異体が見つかりました。

これは、

  • イングランドとナイジェリアのB1525変異体、
  • ブラジルのP2変異体、
  • フィリピンと日本のP3

詳細には、

  • 変異体B1525、すなわちE484Kからの変異は1例、
  • D614Gは819例、
  • P2、すなわちL18Fからの変異は38例、
  • P3変異、すなわちN501Yは11例でした。

「米国からのB1427またはB1429の亜種はインドネシアでは検出されておらず、残りは発見されていません」と彼女は説明しました。

デウィ氏はまた、これまで政府は990検体の全ゲノム配列決定を通じてCovid-19ウイルスの変異を追跡していたとも述べた。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

3 thoughts on “Covid-19タスクフォース:ブラジルと南アフリカからの新しい変異体ウイルスはRIに侵入していません。

  1. インドネシアでも、このように世界のウィルス情報を普通に公開しています。日本より透明な気がするのは、私だけでしょうか?違うと意見もある方は、是非教えてください!

  2. 検査数自体が少ないと思いますし、その少ない検査数の中の極一部が変異ウィルスの検査に成ると思います。
    その中での発表では信憑性は全くありません。
    PCR検査と同時に変異ウィルス検査も必要だと思います。

    日本で言えば関西地区は変異ウィルスの検査に積極的ですが東京都はこの結果割合が少ない(陽性者の数%)
    隣の埼玉県は積極的
    ウィルスの検査に積極的な地域に変異が多く発見されています🤭

    1. なるほど。お聞きすればする程、説得力がある、お話ですね。コメントをいただいた詳細の事は書いていませんでした。流石です!またいろいろ教えてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。