Sel Dendritik dan Vaksin Nusantara,
Ahli Patologi: Bisa Disuntik Seumur Hidup

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Selasa, 20 April 2021 07:13 WIB


インドネシアのセベラスマレット大学の臨床病理学者、トナン・デウィ・アルドヤント氏は、癌治療のために樹状細胞からワクチンを作るプロセスの概要を説明しました。

知られているように、この技術は、元保健大臣のテラワン・アグス・プトラント氏が率いるヌサンタラワクチン研究チームによって、Covid-19を引き起こすウイルスであるSARS-CoV-2と戦うために採用されました。

トナン氏の曝露について驚くべきことは、樹状細胞からのワクチンの反復注射が生涯続く可能性があることです。

実際、彼は、癌治療の費用は非常に高いことを明らかにしました。

彼はそれを開発した日本の会社の例を引用し、患者に投与される一組の治療に対して約200万円を請求します。

「現在、1円の為替レートは133ルピアです。

つまり、2億7500万ルピアです。 これは、癌に対する樹状細胞ベースのワクチン接種のためのものです」と、2021年4月18日日曜日のWhatsApp Covid-19カバレッジグループのトナン氏は述べました。

このコスト範囲に関する声明は、グリフィス大学の疫学者によって伝えられたものと一致しています。 (オーストラリア、ディッキーブディマン)

トナン氏は、樹状細胞療法では、患者自身から血液を採取し、樹状細胞が見つかるまで特別な試薬を使用して特別に培養すると説明しました。

次に、がん細胞は抗原やタンパク質にさらされます。 樹状細胞によって「記録」された後、それは患者自身に注入されます。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

    1 thought on “樹状細胞とヌサンタラワクチン、病理学者:生涯注射と同じ

    1. 凄い!夢のような話!遺伝子操作で、コロナも癌も治療できる時代に入っているというお話!
      でも高い!手間がかかる!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。