タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Argumentasi Pemerintah soal Wisata Dibuka Saat Mudik Dilarang

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 21/04/2021 08:45 WIB


政府は、5月6日から17日にCovid-19の陽性症例の急増を回避するために、Lebaran2021の帰国を禁止しました。

帰国を禁止しているにもかかわらず、政府は、帰宅できない住民が健康プロトコルを遵守することを条件に旅行できるように、さまざまな地域に多くの観光名所を引き続き開設する予定です。

帰国中に開く観光に関する政府の議論は禁止されています!

人間開発文化担当調整大臣のムハジル・エフェンディ氏は、観光名所の開設と矛盾していると見なされた帰国禁止をめぐる社会の混乱に対応した。

「昨日誰かが抗議し始めた。 『うわー、家に帰ることは禁止されているが、観光は許可されている。』はい、実際にはツアーはイードの枠組みの中で行われているので、遠くの目的地でのツアーではありません」と

ムハジル氏は「昨日火曜日(20/4)にYouTube BPKNを介して生放送された、「パンデミックの真っ只中の家に帰る損得。

ムハジル氏によれば、住民が家に帰ることを禁じられている場合でも、休暇を取ったり、市内を旅行したりすることで、リラックスすることができます。したがって、地元の観光名所は引き続き営業しています。

「はい、人々がどこにも行けない場合は、休暇の場所に行くことができるように地元のツアーを開きます。

しかし、規則厳守を管理することで、それが実際の意味です」とムハジル氏は説明しました。

彼は、、観光名所がまだ開かれている可能性があるため、帰宅の禁止はそれほど厳しくないと考えていることを否定しなかった。

しかし、彼によれば、この決定を下す際、別の考慮事項は維持されなければならない。経済成長に関連しています。

政府は、この政策により、Covid-19の陽性率アップが抑制されるだけでなく、人々の経済も動き続けることができることを望んでいます。

「これは私たちが実施している戦略であり、うまくいけばCovid-19を制御することによって実行されますが、

人々の購買力も制御することで、経済の車輪をまだ動かすできます」と彼は言いました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。