タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kapal Selam KRI Nanggala 402 Hilang,
Indonesia Minta Bantuan Singapura dan Australia

オンラインメディア「beritasatu」が伝えています!
Rabu, 21 April 2021 | 19:10 WIB


インドネシア海軍は、53人が搭乗している行方不明の潜水艦KRIナンガラ402を探しています。 水曜日(2021年4月21日)、TNIの司令官ハディ・ジャヤント氏は事件を確認した。

潜水艦KRIナンガラ402が行方不明、インドネシアがシンガポールとオーストラリアに支援を要請

「潜水艦KRIナンガラ402は、バリ島北部の海域での魚雷演習に参加したが、期待どおりの訓練結果を出すことができなかった」とスポークスマンのジュリアス・ウィジョジョノ提督は述べた。

ロイター通信に対し、ハディ氏は、インドネシア海軍もオーストラリアとシンガポールからKRIナンガラ402を見つけるための支援を求めていると述べた。

「私たちはまだバリから96キロ離れたバリの海域を探しています。53人のためです」とジャジャント氏は言いました。

ハディ氏は、船との接触が水曜日の午前4時30分(21/4)に失われたと付け加えた。

TNIのウェブサイトの情報によると、潜水艦は1981年にドイツで建造されました。TNIはインドネシアの国軍です。 この船は韓国で2年間の修理が行われ、2012年に完成しました。

過去に、インドネシアはその広大な群島海域をパトロールするためにソビエト連邦から購入した12隻の潜水艦の艦隊を運用していました。

しかし現在、インドネシア海軍には、ドイツ製の209型潜水艦2隻と韓国の新しい船3隻を含む5隻の艦隊しかありません。

インドネシアは防衛力の向上に努めてきましたが、現在も使用されている設備の一部は古くなっています。 近年、防衛機器の老朽化により、特に軍用輸送機を巻き込んだ致命的な事故が発生しています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。