BPOM Padang Temukan Takjil Mengandung Pewarna,
Pedagang Terancam Sanksi

オンラインメディア「Suara.com」が伝えています!
Sabtu, 24 April 2021 | 08:15 WIB


西スマトラのパダン食品医薬品局(BPOM)は、ローダミンまたは化合物と染料を含む食品を販売している多くのタクジル商人を発見しました。

断食明けに口にする甘味類など軽い食事「​タクジル」

これは、のパダンにあるBPOMの責任者フィルダウス・ウマル氏によって述べられました。

彼によると、これは金曜日(23/4/2021)の午後にパダン市で多くのタクジル商人に検査を行ったときに発見されました。

「関係者の報告によると、14のサンプルがありました。2つの陽性サンプルはローダミンを使用しました。

これらはクイックテストの結果ですが、実験室テストで確認します」と彼は言いました。

パダンにあるBPOMは引き続き検索を行います。 その間、染料を含む食品を販売した2人の商人は、流通から撤退するか、没収されました。

「タクジルの種類は<チェンドル>の形をしています。

場所はパダン市のバンダルブアット市場にあります。撤退しており、取引することはできません」と彼は説明しました。

参考資料「チェンドル」<ウィキペディア>

フィルダウス・ウマル氏によると、染料を含むタクジルはラマダン1442 H以来の最初の発見です。

これらの食品成分の製造元を追跡します。

同氏は、「意図的な要素があれば、商人は制裁を受けるだろう。

しかし、現場の状況は後で見るだろう」と述べた。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。