タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Komisi II DPR: Kebijakan e-KTP Transgender Patut Didukung

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Minggu, 25 Apr 2021 08:00 WIB


内務省は、トランスジェンダーの人々のための電子KTP(e-KTP / KTP-el)の作成を支援し始めました。

インドネシア共和国の衆議院の委員会IIは、トランスジェンダーの人々のためにe-KTPを作るのを助けるという政策が支持されるべきであると信じています。

「トランスジェンダーの人々のためのe-KTPの作成を支援する内務省の方針は、感謝と支援に値します。

国会議会II:トランスジェンダーのe-KTPポリシーをサポートする必要

<参考資料>トランスジェンダー:

生まれた時に割り当てられた性別が自身の性同一性と異なる人である。 性同一性は、性自認、ジェンダー・アイデンティティとも呼ばれ、自身の性をどのように認識しているのかを指す。 ウィキペディア

この方針により、トランスジェンダーを選択する私たちの兄弟姉妹が確実に人口管理サービスを受けることを願っています。

したがって、彼らは合法的な市民としての完全な権利と義務を持っている」と、国会議員IIの副議長、ルクマン・ハキム氏は日曜日(2021年4月25日)に記者団に語った。

ルクマン氏は、内務省にトランスジェンダーの人々の人口文書を処理するための指示を準備するように依頼しました。 これらの指示は、全国のガイドラインとして役立ちます。

「内務省の人口・市民登録総局が、トランスジェンダーの人々のためのKTP-elを含む、人口文書を管理するための実施ガイドラインと技術的指示をまとめることを期待している。これらの運用および技術ガイドラインは、インドネシア全土の都市/県で、人口サービスのガイドラインとして役立つだろう。」と語った。

 KARTU TANDA PENDUDUK ELEKTRONIK (KTP-​EL).:電子人口サインカード

内務省はまた、トランスジェンダーの人々のためのe-KTPの作成を支援するための政策強化を求め始められる。 ルクマン氏は、このポリシーが一般の人々にあまり受け入れられてはならないと評価しました。

「それとは別に、私はまた、内務省の市民登録総局の局長にこの方針をより広いコミュニティに広めるように頼みます。

一般の人々への社会化の欠如のためにこの良い方針が現場であまり役に立たないようにしないでください」と彼は付け加えました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。