Waspadai 5 Tempat Berisiko Tinggi Corona

オンラインメディア「Detikom」が伝えています!
Senin, 26 Apr 2021 05:00 WIB


ジャカルタのオフィスクラスターは再び増加し、2倍にさえなりました。

 DKIジャカルタ州政府は、コロナワクチン接種を受けたにもかかわらず、オフィスでのコロナウイルスの症例数の増加に気づき始めるように国民に警告しました。

「過去1週間にオフィスクラスターで確認されたCOVID-19の症例数は増加しました」と、DKIジャカルタ州政府は公式Instagramに書いています。

比較のために、

2020年4月5日から11日の期間に、78のオフィスで158件のCOVID-19が発生しました。

一方、増加は4月12〜18日に記録され、177のオフィスで425件のCOVID-18が発生しました。

 DKI州政府によると、一部の事務所はすでにコロナワクチンの接種を受けています。

知られているように、COVID-19ワクチン接種は、100%コロナフリーを保証するものではなく、コロナにさらされたときに致命的となる重症度や可能性を防ぎます。

したがって、「Mirror UK」<イギリスメディア>が引用しているように、オフィス内のCOVID-19のリスクの高い場所については警戒を怠らない必要があります。

  1. .部屋は窮屈です
  2. オフィスのトイレ
  3. オフィスキッチン
  4. エレベーターボタン
  5. ドアノブ

カテゴリー「ニュース」記事リスト
皆様とどうぞ共有ください!

1 thought on “DKIオフィスクラスターが2倍に増加、5つの危険性の高い場所に注意コロナ

  1. 日本もそうだけれど、本当にパンデミックが起きている場所を確定できているデータを発表して、ピンポイントで政策を出してほしい。はやり、事務所なのか?飲食店なのか?自宅近辺なのか? はっきり特定できていないように思えて仕方がない!

コメントを残す