この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Bertemu Dubes Jepang,
Sandiaga Dorong Ekspor Produk Kreatif ke Negeri Sakura

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Senin, 26 April 2021 | 09:38 WIB


観光クリエイティブエコノミー大臣サンディアガ・サラフウッディン・ウノ氏は、土曜日(24/4/2021)、ジャカルタで金杉憲治駐インドネシア日本大使と会談しました。

会合の中で、二人は創造経済と観光部門における両国間の二国間協力の可能性について話し合った。

クリエイティブエコノミーセクターでは、インドネシアはさまざまなクリエイティブなインドネシア製品の日本への輸出機会を奨励しているとサンディアガ氏は語った。

「この会議では、料理、ファッション、工芸品などのクリエイティブ製品の輸出機会を開くために、クリエイティブエコノミーセクターにおける二国間協力の可能性について話し合った」とサンディアガ氏は述べた。

サンディアガ氏によれば、観光セクターにとって、これまでのところインドネシアは多くの日本人観光客が訪れることで恩恵を受けてきました。

観光クリエイティブエコノミー省のデータによると、インドネシアは日本人観光客のお気に入りの目的地トップ10に含まれています。

サンディアガ氏によれば、インドネシアにとってこの有利な条件は、国民観光の復活のために利用されなければならない。

これを行うには、迅速に行動し、協力し、持続可能な環境に優しい観光アプローチで、観光のすべての可能性に取り組みます。

「この境界が開いたら、インドネシアは健康と安全の側面を優先し、質の高い持続可能な観光を提供する準備ができている」とサンディアガ氏は述べた。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。