Menkes Ingatkan Salah Satu Mutasi Corona di India Ada di RI

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Senin, 26/04/2021 16:08 WIB


保健相のブディ・グナディ・サディキン氏は、インドを襲ったコロナウイルス(SARS-CoV-2)変異体B117の変異が、過去数か月でインドネシアでも10例も発見されたことを明らかにした。

ブディ氏は、インドは現在、イングランドからのB117変異体と、二重変異を持った局所変異体B1617の「攻撃」と戦っていると述べた。

このため、彼はまた、「Covid-19津波」の運命がインドネシアで起こらないように、3Mの健康プロトコルを守りながら、インドの事件から学ぶように国民に警告した。

「インドで症例を増やした新しいウイルスの突然変異の最初の原因について少し話し合います。ウイルスはインドネシアにも侵入しました。ウイルスにさらされた人は10人で、そのうち6人は輸入され、4人は地元の人です。

開催された記者会見で、月曜日(26/4)に大統領事務局のYouTubeチャンネルを介してオンラインで放送されたと述べた。

インドネシアでのB117の10例の確認は、水曜日(7/4)に保健省によって以前に明らかにされました。調査結果は、全ゲノムシーケンス(WGS)メソッドを介して定期的に取得されました。

さらに、コロナウイルスの突然変異の発見により、ブディ氏は政府が訪問ビザと限定滞在許可カード(KITAS)の付与を一時的に停止したと述べました。

政府はまた、インドネシアに入る前にインドへの旅行歴が過去14日間ある外国人の入国を拒否する方針をとっていたと彼は述べた。

「インドネシア国民は引き続き入国できますが、私たちの健康プロトコルは厳格であるため、14日間滞在する必要があります。

過去14日間インドを訪問したインドネシア国民は、引き続き入国できます。

ただし、検疫が必要です。 14日」とブディ氏は説明した。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
皆様とどうぞ共有ください!

コメントを残す