タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Ngeri! Ada Mafia Bikin Orang dari
Luar Negeri Masuk RI Tanpa Karantina

オンラインメディア『Detikom」が伝えています!
Selasa, 27 Apr 2021 11:31 WIB


警察は、海外からの人々が検疫を通過せずにスカルノハッタ空港を経由してインドネシアに入国することを許可した違法行為を発見しました。

恐ろしい! マフィアが海外からの人々を検疫なしで入国させる

警察は、インドネシアのスカルノハッタへの入り口を警備しているマフィアがいると疑っています。

「問題は、すでに多くの約束を守らない人々がいることです。

検疫のない海外からの人々は支払いを続けています。

だから私はこれがマフィアだと言います。

これが私たちが再び調査していることです」

火曜日(2021年4月27日)に連絡で。

とインドネシア国家警察署長の広報責任者、ユスリ・ユヌス氏は言いました。

この発見は、警察がイニシャルJD、S、RWの3人を逮捕したときに始まりました。

インドからのインドネシア市民であるJD(加害者)は、14日間の検疫プロセスを経ることなく、日曜日(25/4)の18.45WIB頃にインドネシアに再入国することができました。

政府が定めた手続きではありますが、過去14日間インドからの旅行歴があるすべてのインドネシア国民は、コロナの蔓延を防ぐために事前に14日間の検疫を受ける必要があります。

SとRWの支援を受けて、JDの加害者は手続きを経ることなくインドネシアに自由に入ることができました。

「検疫を受けずにSとRWのイニシャルで管理されている関係者(JD)は、検疫なしで成功し、帰国を続けることができました。

インドからインドネシアへの飛行機の乗客であったJD自身を含む3人を確保しました。」と語った。

実際には、JDはインドネシアへのステップをスムーズにするためにSに650万ルピアを支払った。

JDにとっては、加害者Sはスカルノハッタ空港の従業員であると主張しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの今!
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!
受信ボックスか迷惑メールホルダーを確認して、購読手続きを完了してください。

2 thoughts on “恐ろしい! マフィアが海外からの人々を検疫なしで入国させる

  1. この犯人は、どう考えても、間に入った人間は、空港関係者であろう。さらに高額であるために、インドからインドネシアに逃げてくるような、緊迫感も感じる。

hayashikazu へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。