この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Pelanggaran Etik Penyidik KPK,
Dewas KPK Mulai Lakukan Pemeriksaan Pekan Ini

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Rabu, 28 April 2021 08:55 WIB


KPK監督委員会は、今週、国家警察によりKPK調査員、ステパヌス・ロビン・パトゥジュ氏の倫理違反の疑いの調査を開始します。

「今週から調査を開始し、継続される」とKPKのチーフ、タンパック・ハトランガン・パンガベン氏は、2021年4月27日火曜日の声明で述べた。

タンパック氏は、ステパヌス捜査官が検査される正確な日付についての詳細を提供しなかった。

 「最初の検査がいつ行われるかは必要ありません、それは伝えられます。重要なことは、私たちKPK監督委員会は権限があると義務であります。」と彼は言いました。

KPK監督委員会は、事件が進行し始めて以来、ステパヌス・ロビン・パトゥジュによって犯されたとされる倫理違反についての事実を集めていたと彼は言った。

「先週、捜査官の事件について、KPK監督委員会により明らかにされて以来、彼は倫理違反についての事実を収集するために働いている」と彼は言った。

ステパヌス氏は、タンジュンバライ市長シャリアル氏(M Syahria)およびマスクル・フサイン氏(Maskur Husain)とともに、2020-2021年に北スマトラのタンジュンバライ市長の事件の処理に関連して、州当局によって賄賂事件の容疑者として指名されました。

ステパヌス氏とマスクル氏は、タンジュンバライ市政府の汚職疑惑の調査に関してシャリアル氏と、15億ルピアを準備することによってKPKがフォローアップしないことを約束することに合意した。

シャリアル氏はまた、ステパヌス氏が受け取った合計金額で最大13億ルピアの現金を提供しました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “KPK自身が汚職?KPK調査員による倫理違反、KPK監督委員会が今週調査を開始

  1. やっぱりあった!KPK 汚職撲滅委員会調査員が、汚職疑い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。