タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Sandiaga: Startup Topang Pertumbuhan Ekonomi Digital Indonesia

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Rabu, 28 April 2021 | 15:34 WIB


観光創造経済省は、Covid-19の大流行の中で観光セクターと創造経済を復活させ、インドネシアのデジタルスタートアップの成長を支援する取り組みとして、経済成長を高めるために、観光創造経済庁 for Startup2021プログラムを正式に開始しました。

観光クリエイティブエコノミー大臣のサンデイアゴ・ウノ氏は、インドネシアのデジタルスタートアップをサポートするには、相互に強化するデジタルエコシステムエコシステムが重要であると述べました。

サンデイアゴ・ウノ氏:インドネシアのデジタル経済成長をサポートするスタートアップ

「デジタルスタートアップはインドネシアのデジタル経済の成長に重要な役割を果たしている。したがって、政府は規制当局としてだけでなく、ファシリテーターおよびアクセラレーターとしても、インドネシアのデジタルスタートアップの発展を支援し続けている」とサンディアガはジャカルタで述べた。水曜日(2021年4月28日)。

観光創造経済庁 for Startupは、2016年から観光創造経済省(Kemparekraf)によって開始された年次プログラムです。

6年目に、観光創造経済庁 for Startupは、ジャカルタ、マラン、マナド、ペカンバル、ジョグジャカルタの5つの都市で開催されます。

観光創造経済省(Kemparekraf)は、Coworking Indonesiaと協力して、一連の「Bekup Academy and Mentor Training Program」プログラムを通じて持続可能なデジタルエコシステムを構築しています。

「2016年以来、観光創造経済庁 for Startupはインドネシアの20以上の都市に存在し、750以上のスタートアップ企業を生み出してきました。これを通じて、すべてのインドネシアの起業家に機会を提供し、4年間ビジネスの指導に携わってきたCoworking Indonesiaと協力しています。コミュニティ、クリエイティブ、そしてインドネシアのスタートアップ」とサンディアガ氏は語った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。