皆様とどうぞ共有ください!

Isu Guru Lumpuh Usai Vaksin, Komite KIPI Terjun Investigasi

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 29/04/2021 08:34 WIB


スカブミ県の予防接種後フォローアップイベント(KIPI)のワーキンググループは、ワクチン注射後に麻痺して視力に問題があるスカブミの教師の問題を調査しています。

公立高校 1 Cisolokの教師であるスーザン氏が2回目のCovid-19ワクチン接種を受けた後、健康上の問題が発生したというニュースが広まっています。

スカブミ県KIPIワーキンググループの会長であるエニ・ハルヤティ氏は、Covid-19処理タスクフォースを通じて、事件が処理中であることを確認しました。

詳細を説明できないことを認めているだけです。

アンディ氏によれば、調査の権限は、説明も含めて、西ジャワKIPI地域委員会(Komda)とKIPI全国委員会(Komnas)の専門家に直接渡されているためである。

この事件はRSHS(バンドンのハサン・サディキン・ドクターズホスピタル)の専門家によって処理されました。

 スーザン夫人が現在苦しんでいる病気がワクチンに関連しているかどうかは、KOMDA KIPI West JavaとKOMNAS KIPIの専門家により調査中です」と、

ワクチン接種後に麻痺した、スカブミの教師の問題の調査についてアンディ氏は言いました。 detikcomから引用された。

「調査の最終結果、インシャアッラー(神の思し召し)があれば、記者会見またはプレスリリースの形で通知があります」と彼は続けた。

アンディ氏と呼ばれるスーザンは、スカブミリージェンシーの公立高校1 Cisolokの教師です。この31歳の女性は、視覚障害と麻痺を経験したと報告されています。

スーザンの弟、ヤユ氏は、彼女が経験している健康上の問題を確認しました。

彼によると、この健康問題は、教育者のためにCovid-19ワクチンの2回目の注射を受けた後、彼の兄弟によって経験されました。

「姉が3月31日に2回目のワクチン接種を受けたという話です。

その時、姉はめまい、吐き気、衰弱を感じたと不平を言っていました。

保健所は休むように勧めましたが、良くなりましたが、代わりに息切れしたと言いました。 」とdetikcomが引用したヤユ氏は言った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “ワクチン接種後の麻痺した教師の問題、KIPI委員会が調査

  1. 副反応に対する問題は、絶えない!このネタは世界各国で絶えないが、この場合どうして、このワクチンの名前が出てこないのか?
    国民に警告してくれるつもりでなら、どこのメーカーなのかも含めて、明確にしてほしい。
    もちろん、これを公開すると、ワクチン接種イベントに支障が出てくるのは、わかりますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です