この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Mendag Minta Produk Lokal Dipajang di Halaman Depan

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 04/05/2021 06:40 WIB


ムハマド・ルトフィ貿易相は、国内産製品をeコマースプラットフォームのトップページに配置するように依頼しました。

これは、インドネシアで行われた誇り高いキャンペーンをサポートするだけでなく、国内の電子商取引ビジネスによって行われる必要があります。

彼によると、国内産製品に戦略的なスペースを提供することにより、市場の訪問者がこれらの製品を選択する傾向が高まっています。

「インドネシア製の商品が最初ではないにしても、ページを持ち、買い物に興味を持つように、最初のビューを取得できるように、協会からの支援を求めています」と彼は月曜日の仮想FMBディスカッションで述べました(5月3日)

しかし、これは、ルトフィ氏が人々に常にインドネシア製品を買わせることの意味ではありません。

eコマースプラットフォームでのローカル製品売上高は、品質と価格によって異なります。

「私たちにできることは、販売された商品が競争力を持ち、価格が魅力的であり、そして何よりも見栄えが良く、着心地が良く、手頃な価格であることを保証することです」とルトフィ氏は付け加えました。

したがって、ルトフィ氏は続けて、省は、電子商取引における製品の品質を向上させることができるように、零細、中小企業(MSME)のトレーニングを開催しました。

また、比較的高額で販売している特産品を購入者に提供するための製品マーケティング研修も実施しています。

彼は典型的なインドネシアの手工芸品である織物製品の例を挙げました。

織物製品とその派生物は、より安価な製造&製品と同一視することはできません。

これは、高価であるだけでなく、製品の製造工程にも時間がかかるためです。

「簡単な方法で織りには少なくとも2か月から40日かかります。(織り)ジャケットの価格は300万ルピアから400万ルピアです。これらのアイテムを電子商取引で一意にできない場合、これは面白くありません。」彼は結論を下した。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

1 thought on “貿易大臣は、国産製品をフロントページに表示するように要求!

  1. おそらく安いだけのC國の商品より
    国産の商品をみんなで買いましょう!というキャンペーンを作ろうとする物!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。