この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Beda Vaksin Nusantara Vs Vaksin Merah Putih

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Selasa, 04/05/2021 07:01 WIB


ガトットスブロト陸軍病院で元保健大臣テラワン・アグス・プトラント氏によって活性化された樹状細胞ベースのCovid-19ワクチンであるヌサンタラワクチンの2回目の臨床試験は引き続き実施されています。

彼は食品医薬品監督庁(BPOM)から許可を得ていませんでした。

多くの人物とDPRのメンバーは、インドネシアのワクチンのボランティア活動に忙しくしています。副作用を経験していないと主張しています。

国の子供たちの研究に関して、BPOMは他のコロナワクチン研究、すなわち赤と白のワクチンへの全面的な支援を示しています。

BPOMは、6つの赤と白のワクチン候補の1つ、つまりアイルランガ大学(Unair)の研究が、2021年10月または11月に生産を開始できることを望んでいます。

それでは、インドネシアの国内ワクチンと赤と白のワクチンによって作られていると主張されている2つの製品の違いは何ですか?

<インドネシアのワクチンの仕組み>

Nusantaraワクチンの仕組みは、SARS-Cov-2ウイルスSタンパク質の抗原に曝露された自己樹状細胞または白血球の成分から構築されています。

テラワン氏によれば、抗原を認識した樹状細胞は体内に注入されます。 これらの細胞は他の免疫細胞を誘発して、SARS-CoV-2に対する記憶防御システムを形成します。

人間の血液には、赤血球、白血球、樹状前駆細胞の3種類の細胞があります。 分子生物学者のアフマド・ルスダン・ハンドヨ氏によると、この樹状前駆細胞はまだ樹状細胞になっていない。

前駆体:ある特定の物質よりも反応段階的に前に位置する物質のこと。

<中略>

インドネシアのワクチンは個人のために特別に作られます。

技術的には、各人が血液サンプルを採取され、樹状細胞ワクチンキットにさらされるためです。

その後、結果は体内に注入されます。

体内では、これらの樹状細胞が他の免疫細胞をトリガーして、コロナウイルスに対する記憶防御システムを形成します。 オリジナルニュースは続きます!


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。