この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kejar Target, Luhut Minta Pengerjaan
Proyek LRT Jabodebek Dipercepat

オンラインメディア「Beritasatu.com」が伝えています!
Selasa, 4 Mei 2021 | 16:23 WIB


海事投資調整大臣のルフット・ビンサル・パンジャイタン氏は、月曜日(2021年5月3日)の調整会議で、ジャボデベック・ライトレールトランジット(LRT)の開発を再び評価しました。

ルフット氏は、ジャボデベックLRTプロジェクトの作業を加速するよう求めました。

調整会議を通じて提供されたLRTインフラストラクチャー建設の進捗は、2021年4月の第4週に86.67%に達しました。

実際、一部の部品の進捗は目標に達しました。

ただし、インフラセクター、すなわち主要インフラ(駅と交通)と二次工事に基づく進捗は、依然として目標の2%未満です。 一方、倉庫全体の進捗は目標の33.17%の33.45%に達しています。

ルフット・ビンサル・パンジャイタン調整相は、すべての当事者が遅れている目標を追求できることを望んでいます。

ルフット調整相は火曜日(2021年4月5日)の公式声明で、「2021年の建設進捗目標に追いつき、実現するために加速するための実際の措置を講じる」と述べた。

一方、投資・鉱業調整担当副局長のセト・セプティアン・ハリオ氏も、すべての関係者間の調整を改善する必要があると述べた。

「信号統合の実装における調整を改善して、すべてのテスト項目を明確に定義し、期間を適切に計画できるようにする必要があります」とセト副次官は述べています。

一方、ジャボデベックLRTの建設に関連する評価は、Eid 2021以降も継続され、すべての関係者が目標の遅れを加速できることが期待されていると彼は付け加えた。


カテゴリー「ニュース」記事リスト
close

インドネシアの
今を知りたい方々へ
<無料>
メールマガジン登録

ご利用のメールアドレスをご登録ください。
週末に「週刊ジャカルタライフ」を配信いたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。