この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kemenkes Deteksi 17 Kasus Varian Baru Covid-19 Diantaranya
di Karawang dan Bogor

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Selasa, 4 Mei 2021 16:02 WIB


保健省は、2021年2月から4月までのサンプル研究の結果に基づいて、現在インドネシアで検出されたB117、B1617、およびB1531という名前の新しいCovid-19亜種の17例があったと報告しました。

「この新しい亜種からの症例の伝染は、地元の伝染に由来するのか、インドネシアの移民労働者によって運ばれてます。」と、

保健省のCovid-19スポークスマン、スリ・ナディア・タルミジ氏は、事実上ジャカルタのジャーナリストへの声明で2021年5月4日火曜日に述べた。

スリ・ナディア氏は、変異株B117の症例が13例あったと報告しました。 それぞれ北スマトラで2例、南スマトラ1例、バンテン1例、西ジャワ5例、東ジャワ1例、東カリマンタン1例、バリ2例で検出された。

B117の5例は、「輸入例」に起因するか、サウジアラビアからのインドネシア移民労働者(PMI)によってもたらされたと報告され、バリク・パパン市(東カリマンタン)のカラワン(西ジャワ)で検出されました。

さらに、ボゴール(西ジャワ)の街にも気配を感じます。

他の8例は、タピン(南カリマンタン)、パレンバン(南スマトラ)、メダン市(北スマトラ)、カラワンリージェンシー(西ジャワ)、タンジュンバライ市(北スマトラ)の地域間の伝染起因すると報告されています。

一方、新しい亜種B1617については、Siti Nadiaによると、リアウ諸島で1例、DKIジャカルタで2例が検出されました。 一方、B1531はバリ島で1件も検出されました。

「バリで発見されたB1531の1日で1例が2021年1月25日に検体のために採取され、この患者は2021年2月16日に死亡した」と彼女は述べた。

スリ・ナディア氏は、患者との身体的接触からの危険因子を測定するための疫学的方法に基づいて、Covid-19の新しい亜種の痕跡を調査していると述べた。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “保健省は、カラワンとボゴールを含み、新しいCovid-19変異株の17例を検出!

  1. 変異種は、国内からも、国外からも出てくる可能性は十分にある。だから止められる場所は極力潰して行かないと、パンデミックに繋がる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。