Breaking News: MK Tolak Uji Formil UU KPK
yang Diajukan Agus Rahardjo Cs

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Selasa, 4 Mei 2021 14:52 WIB


憲法裁判所は、2021年5月4日火曜日に、汚職撲滅委員会(KPK法)に関する2019年法律第19号の正式な見直しを拒否しました。

2021年5月4日火曜日に評決を読んだとき、「主要な請願を完全に拒否した」とアンワル・ウスマン裁判官は述べた。

この正式な試練は14人によって提出され、そのうち3人は2015年から2019年の期間のKPKコミッショナー、つまり、アグス・ラハルジョ氏、ラオデM・シャリフ氏、およびサウ・シトゥモラン氏でした。 このケースは、番号79 / PUU-XVII / 2019で登録されています。

彼の訴訟では、アグス・ラハルジョ氏とその友人たちは、KPK法の改正案が、法の制定に関する正式な手続き上のガイドラインを満たしていないことに気づきました。

その一つは、この取り決めが立法制定法に準拠していないということです。

さらに、原告は、この規則の策定は、優先国内立法プログラムの計画プロセスを経ていないため、手続き上欠陥があると見なしていました。

それに加えて、それは市民参加の側面を優先しません。

憲法裁判所の裁判官は、判決を読み上げる際に、DPR(国会)は、KPK法の改正に関する議論の形でコミュニティを巻き込んだと述べた。

これらの議論のほとんどは2017年に開催されました。

 

さらに、憲法裁判所の裁判官は、汚職撲滅委員会法も国家立法計画に含まれていると述べました。

 

しかし、憲法裁判所のワヒドゥドゥディン・アバス裁判官は、反対意見を提出した。 この裁判官の意見では、ワヒドゥディン氏はKPK法の議論は比較的短いと見ています。 さらに、同期されていない学術テキストがあります。

 

<解説>:

KPK法の改正案の法律はDPR(国会)が作り提案する。

その法案について、異議を唱えたのは、元KPKコミッショナーを含む14人。

その異議を唱え、憲法裁判所に判断を委ねたが却下された。

しかし、憲法裁判所のある裁判官「ワヒドゥドゥディン・アバス」最後のように、これに対して疑問を唱えた。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。