タイトル
この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

15 Bandara Angkasa Pura I Dipastikan Tak Tutup
Selama Masa Larangan Mudik

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Kamis, 6 Mei 2021 08:46 WIB


PT Angkasa Pura Iは、帰省禁止ポリシーが適用される限り、会社が管理する15の空港が引き続き運営されることを保証します。

Angkasa PuraI副社長のハンディ・ヘルユドゥ・ヒティアワン氏は、同社は営業時間の調整のみを行ったと述べた。

Angkasa Pura I(国営企業の空港管理会社)の15箇所の空港は、帰省禁止期間中は確実に閉鎖されません。

「現時点での私たちの主な焦点は、より良いインドネシアのための、より良い非帰省運動のための政府キャンペーンを支援することです。」

とハンディ氏は2021年4月6日木曜日に連絡を受けたときに言った。

稼働時間の調整は11の空港で行われました。 スラバヤジュアンダ空港、マカッサルスルタンハサヌディン空港、バリクパパンSAMSセピンガン空港、ジョグジャカルタアジスチプト空港、ジョグジャカルタ国際空港、ソロアディスマルモ空港です。

次に、アフマドヤニ空港セマラン、エルタリクパン空港、シャムスディンヌール空港バンジャルマシン、アンボンパティムラ空港、フランスカイシイエポビアク空港。

 一方、他の4つの空港、すなわちイ・グスティ・ンガラ・ライ・バリ空港(I Gusti Ngurah Rai)、ロンボック空港、マナド・サム・ラトゥランギ空港、ジャヤプトラ・スンタニ空港の稼働時間は引き続き正常に稼働しています。

ハンディ氏によると、帰省をなくすことでCovid-19の蔓延を抑える政府の取り組みを支持しているという。 彼はまた、旅行しないように国民に訴えた。

旅行が許可されている人々のグループには、公務員、国家企業の従業員、T国軍/ 警察、および勤務しなければならない民間の従業員が含まれます。

次に、妊婦、病気や亡くなった家族の訪問に関心のある人、緊急の医療サービスが必要な人。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “Angkasa Pura I(国営企業の空港管理会社)の15箇所の空港は、帰省禁止期間中は確実に閉鎖されません。

  1. インドネシアの大きな空港は、今回の帰省禁止の間でも、開いているという記事です。
    しっかりと書類を揃えて移動する場合は、問題がないという記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。