この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Industri Manufaktur Dapat Prioritas Vaksin Gotong Royong

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Jumat, 07/05/2021 08:15 WIB


BUMN省の特別スタッフであるアリヤシヌリンガ氏は、「相互協力ワクチン接種」を実施するために優先される業界は労働集約的であると述べた。 それらの1つは製造業と繊維です。

「後にワクチンを受け取るのは、労働集約型の会社員、今回は製造業の繊維です。これは、相互協力ワクチン接種プログラムでワクチン接種される最優先事項です」と、木曜日の相互協力ワクチンインドネシア対話でアルヤ氏は述べました。(5月6日 )

その後、民間企業が予防接種のすべての費用を負担することになります。

これは、調達から注入プロセスまでが会社の責任であることを意味します。

「労働は無償で、従業員に料金を請求するべきではありません」とアルヤ氏は説明しました。

同じ機会に、インドネシア商工会議所のシンタ・ウィジャジャ・カムダニ副会長は、レッドゾーンの企業も相互協力ワクチンを組織することを優先すると述べた。 これは、covid-19の感染を予測するためです。

「ジャボデタベック地域。当初は製造業で行われる予定で、労働集約的で多くの労働者がいる」とシンタ氏は語った。

彼は、2021年3月末までに登録した企業の数は17000以上に達したと述べた。 参加者数自体は860万人に達しました。

「後がみんなの番ですが、我慢する必要があります。みんながそれを手に入れられることを願っています」とシンタは語った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “製造業が相互協力ワクチンの優先権を取得

  1. どうして?繊維業なのか?労働集約方産業は、他にもあるはずだが?!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。