この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Kunjungi Papua, Panglima TNI Dengar Curhat Komandan Wilayah

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Jumat, 07/05/2021 20:59 WIB


インドネシア国軍の情報センター長のプランタラ・サントス将軍は、国軍の司令官ハディ・ジャヤント氏が、パプアの地域司令官と調整した国家警察署長のリストヨ・シギット・プラボウォ氏と一緒に話しました。

インドネシ国の司令官と警察署長は、昨日木曜日(5月6日)からCenderawasih(フウチョウ鳥)の土地にいます。

パプアにいる間、国軍司令官はまた、パプアでの勤務中に部下が遭遇した困難について話し合い、耳を傾けました。

金曜日(5月7日)にCNNIndonesia.comから電話で連絡を受けたとき、「以下の地域部隊司令官との調整により、議論はある方向性が示されました。と国軍司令官は述べた。

国軍司令官は、パプア訪問中の司令官の活動の詳細を説明していません。

情報センター長は上司の訪問に関連する進捗報告を受け取っていなかったことを認めた。

情報センター長は、司令官と警察署長が1〜2日間パプアにいる可能性があると述べた。

「明らかなことは、彼が委員会Iに説明したように、彼がパプアに行ったことです。

私が知る限り、それは1日か2日かかるかもしれません」と彼は言いました。

ハディ氏のパプアへの出発は、昨日のDPR委員会Iとの作業会議で直接伝えられました。

会談中、ハディ氏は警察署長のリスティオ・シギットと一緒にパプアに行くと言った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。