この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Dishub DKI: Asal Bukan Mudik Tak Perlu SIKM
bagi Warga Bodetabek

オンラインメデイア「beritasatu.com」が伝えています!
Sabtu, 8 Mei 2021 | 16:20 WIB


DKIジャカルタ運輸局の責任者であるシャフリン・リプト氏は、帰省禁止の期間にて、帰省しない限り、ボゴール、デポック、タンゲラン、ブカシ(Bodetabek)の住民は、ジャカルタに出入州許可(SIKM)を添付する必要はないと説明した。土曜日(8 /5/2021)。

彼によると、ジャボデタベックでの旅行の目的地が帰省である場合、旅行者にUターンするか元の地域に戻るように頼みます。

彼は、旅行者を区別する方法は、実際に帰省するか、旅行や仕事などの他のニーズ、つまり車両の検査を通じてであることを明らかにしました。

「問題の識別。関係者が帰省すると、もちろん車両や輸送手段で、帰省するための商品が準備されます」と彼は付け加えました。

シャフリン氏は、帰省禁止の初日である木曜日(2021年5月6日)に、ジャボデタベックで帰省したためにUターンを要求された自家用車がすでに19台あったと説明しました。

車両は、カクンフライオーバーの下のカリデレス、ジャラン・ジョグロ、ジャラン・ラヤ・カリマラン、ジャラン・ラヤベカシの8つのポストでの検査中に捕らえられました。

di Kalideres, Jalan Joglo, Jalan Raya Kalimalang, dan Jalan Raya Bekasi di bawah Fly Over Cakung.


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。