BioNTech Akan Bangun Pabrik Vaksin Covid-19 di Singapura

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Selasa, 11 Mei 2021 06:37 WIB 


Covid-19ワクチンを製造するドイツのバイオテクノロジー企業である「バイオンテック社」は、シンガポールに東南アジア本社を設立し、感染症や癌を治療するために、メッセンジャーRNA(mRNA)ワクチンやその他の感染症治療薬を製造する製造施設を建設すると発表しました。

BioNTechのCEO兼創設者であるウグル・サヒン氏は、複数の生産ネットワークを持つ事で、道筋を付け、グローバルな機能を構築する上で重要な戦略的ステップであると説明しました。

計画されているmRNAベースのワクチン製造施設で、全体的なネットワーク容量を増やします。

「そして、ワクチンとmRNA療法を生産し、世界中の人々に届ける能力を拡大する」と、2021年5月10日月曜日にCNBCが引用したように彼は言った。

このプラントは、特定のワクチンに応じて、年間数億回分のmRNAベースのワクチンを生産できると推定されており、将来のパンデミックの脅威に対処するために東南アジア向けの生産を増やすことができます。

ドイツのマインツに本拠を置くバイオテクノロジー企業は、「この施設は早くも2023年に稼働できる」と述べた。

バイオンテック社の拡張は、商務省傘下の政府機関であるシンガポール経済開発評議会によってサポートされています。

このベンチャーは、国内で最大80人の追加雇用を創出することが期待されています。

以前、BioNTech社は昨年、米国、マサチューセッツ州ケンブリッジに本社を設立しました。

同社はアメリカの製薬会社ファイザーと協力して、ウイルスに対する免疫応答を引き起こす遺伝物質を含むmRNA技術を使用したCovid-19のワクチンを開発しています。

現在、アメリカは、米国食品医薬品局(FDA)からの緊急許可の下で、1億7000万回分のファイザー・バイオンテック社ワクチンを配布しています。

同社は、アメリカで16歳以上の人々に使用するワクチンの完全承認を取得するプロセスを開始しました。

米国疾病予防管理センター(CDC)によると、21日間隔で2回の注射が必要です。 「このワクチンは、以前の感染の証拠がない人々の実験室で確認されたCovid-19を予防するのに95パーセント効果的です」とCDCは言いました。

Covid-19に対するワクチン接種が始まって以来、各国は自国の集団に注射するための十分なアクセスを得るのに苦労してきました。

先月、世界保健機関(WHO)は、先進国はCovid-19ワクチン接種のほとんどを受け取ったが、貧しい国は1パーセント未満しか受けていないと述べた。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。