BPOM Angkat Bicara Soal Meninggalnya
Pria Jaktim Usai Vaksin AstraZeneca

オンラインメディア「Detiokom」が伝えています!
Selasa, 11 Mei 2021 11:55 WIB


アストラゼネカコロナワクチンを注射された翌日、東ジャカルタ出身の21歳の男性、トリオ・フォーキ・ビルダウス氏の死が脚光を浴びています。

 インドネシア食品監督庁(BPOM)は、流通しているアストラゼネカワクチンが世界保健機関(WHO)の規則に従って調査研究プロセスを経ていることを確認しました。

「配布されるすべてのワクチンは、製品品質の適合性を確認するために、BPOMでのロットリリースプロセスを経ています」

と、火曜日(5月11日2021)にCNNIndonesiaから引用されたBPOMのワクチンスポークスマンであるルシア・リスカ氏は述べています。

ロットリリース自体は、ワクチン製品の試験結果について各国の製薬当局が実施する評価という形のWHOからの要件です。

これは、ロットリリースがワクチンの品質を確保するために使用される条件の1つであることを意味します。

インドネシアでアストラゼネカワクチンの品質を確保することに加えて、リズカは人の死の原因をすぐに特定することはできないと強調しました。

コロナワクチンが東ジャカルタで21歳の男性の死を引き起こしたかどうかにかかわらず、より明確な証拠を収集するためにさらなる調査が必要です。

「ワクチンの副作用は個人的なものであるため、事件がワクチン投与に関連しているかどうかを調査する必要があります」と彼は説明しました。

インドネシア保健省のワクチン接種スポークスマンであるシティ・ナディア・タルミジ博士は、アストラゼネカワクチンを使用したCOVID-19のワクチン接種は引き続き継続すると述べました。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。