この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Dikti Wacanakan Startup Digital Jadi Mata Kuliah Wajib

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Rabu, 12/05/2021 11:22 WIB


教育文化研究技術省は、通信情報技術省とともに、2022年から高等教育の義務教育になるデジタルスタートアップを計画しています。

文部科学省は、この談話の目的は、スタートアップの構築への学生の参加を促すことであると述べた。

文部科学省の高等教育総局パリスティヤンティ・ヌルワニダニ事務局長は、今年、この主題を教える講師の訓練を開始したと述べた。

文部科学省自体は、来年は少なくとも100,000人の学生がデジタルスタートアップコースを受講できるようになることを目標としています。

「後に、スタートアップ開発の選択に合格したチーム(コースを受講する学生)は、より集中的なガイダンスを受けて、それが長期にわたって持続し、Kedairekaプラットフォームまたはキャンパスビジネスインキュベーターに入ることができるようになります」とパリ氏は水曜日の声明から引用した。 (5月12日)

パリ氏は、デジタルスタートアップコースの準備は、「1,000 Digital Startups」というタイトルのプログラムと協力すると述べました。これは、ルディアンタラ氏が大臣を務めたときに「Kominfo2019」によって開始された運動です。

インドネシアのデジタルスタートアップの世界に力を与える、このプログラムは、支援を提供するためのフォーラムと呼ばれます。

6つの段階で構成されています

点火:スタートアップ業界のプレーヤーと規制当局によるオンラインセミナー、

ネットワーキング:参加者間の活動

ワークショップ:スタートアップの構築に関する技術的および非技術的知識、

ハックスプリント:最小限の製品をテストできるようにする活動、

ブートキャンプのメンターガイダンス、およびインキュベーション:特別なメンタリング。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “インドネシア政府教育省高等教育総局がデジタルスタートアップを必修科目として語る!

  1. 若い大臣が、インドネシアの今をどうにかしようと、いろいろ興味深い提案をしてきます。日本の政治家もはやく世代交代して、このような自由な発想で、日本を考えてほしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。