この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Satgas Sebut Ada Tren Penurunan Mobilitas
pada Semua Moda Transportasi

オンラインメディア「beritasatu.com」が伝えています!
Rabu, 12 Mei 2021 | 21:40 WIB


Covid-19処理タスクフォースのスポークスパーソンであるウィク・アディサスミト氏は、2021年5月6日から17日の期間、帰省廃止の実施中に政府が制限を設けたと述べた。

人々の移動は、国内のすべての交通手段、国際的な移動を差します。 しかし、制限にもかかわらず、

重要なセクターの活動は、コミュニティ生活の継続のために機能し続けています。

「2021年5月6日から9日までの期間の政策実施の結果から、道路輸送モードは、移動度が85%に達し、海上輸送が32%に達し、航空輸送が93%に達し、鉄道が56%に達するという減少傾向を示している」と述べた。

ウィク氏の声明。火曜日(2021年11月5日)にGrahaBNPBで行われた大統領事務局のYouTubeチャンネルの「Covid-19ハンドリングの開発に関するプレスステートメント」にて、放送された。

ウィク氏は、違反した者には制裁の対象になると述べた。 これまでに、Uターンの制裁措置が74,879人の旅行者と26,814台の車両に課され、6,809人がランダムな医療検査を受けました。

ウィク氏によると、国際移動の制限について、政府は帰国をなくす期間中はチャーター便を一時的に停止し、インドネシアの移民労働者(PMI)は帰国をなくす期間中は帰国を延期させた。

さらに、インドネシアに到着した外国人(WNA)を含むPMIは引き続き処理されます。 ウィク氏は、タスクフォースが受け取った報告から、3,228人ものPMIの人々が到着ゲートで検疫を受けたと述べた。

到着の門は、北スマトラ、リアウ諸島、DKIジャカルタ、東ジャワ、NTB、西カリマンタン、北カリマンタン、北スラウェシに点在しています。

このため、現場での政策の実施をうまく実行するために、Covid-19タスクフォースは現場の係員にCovid-19処理タスクの責任者の回覧(SE)<2021年のフォースNo. 8>に従って監督を強化するように求めました。

「パンデミック期間中の私たちの安全の鍵の1つは海外からの輸入事件がないことであるため、現場の職員はスクリーニングと検疫を実施する義務があります」とウィク氏は述べています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。