この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Fakta-fakta WN China yang Berbondong-bondong Masuk RI

オンラインメディア「CNNインドネシア」が伝えています!
Kamis, 13 Mei 2021 07:00 WIB


最近、中国市民(WN)のグループがインドネシアに集まりました。

伝えられるところによると、彼らはいくつかの国家戦略プロジェクト(PSN)の労働者です。

detikcomの記録から、インドネシアに到着した中国市民の3つのグループがあります。

まず、火曜日(2021年4月5日)にスカルノハッタ空港の国際線到着のターミナル3に到着した85人もの中国人市民と3人のインドネシア人市民。

その後、46人の中国人市民の2番目のグループがインドネシアに戻りました。つまり木曜日(2021年5月6日)です。

その後、3番目の飛行グループが再び到着し、合計160人の中国人市民が到着しました。 彼らは土曜日(5月8日)に到着しました。

中国市民の存在は、政府がレバランの帰国を禁止したときに彼らが入ったためにシーンを作りました。

以下はインドネシアで働く中国人についての事実です。

1.中国市民が取り組んだプロジェクト

経済担当調整大臣府の優先インフラ提供促進委員会(KPPIP)の執行チームの議長であるワユ・ウトモ氏、中国国民が製錬所や発電所や産業プロジェクトに従事する可能性があります。

しかし、ウトモ氏は、これらの各プロジェクトに関与している多くの中国市民についてこれ以上詳しく説明することには消極的でした。これは、PSNの中国国民のニーズに関連するデータが、プロジェクトを処理する各省庁にあるためです。

「外国人労働者を建設に使用する製錬所、発電所、または産業プロジェクトがいくつかあります。これらのプロジェクトを担当する各省庁に尋ねてください」と、ウトモ氏は土曜日(2021年8月5日)にdetikcomに語った。

2.中国国民の給与

インドネシアの中国大使館の職員である、経済とビジネスのカウンセラーであるウォン・リピン氏は、「detik.com」が以前に報告した昨年、中国人労働者の給与について説明した。一般的に、彼らは年間3万米ドルの賃金を受け取ります。

そのような賃金は、会社が負担するフライトと宿泊の費用に追加されます。

ウォン氏は火曜日(2020年2月6日)の声明で、「熟練した中国人労働者には、通常、年間3万米ドルに加えて、国際線の費用と会社が負担しなければならない宿泊施設が支払われる」と述べた。

ウォン氏によると、中国企業は、貢献度と生産性からも見て、実際には労働者自身の能力に応じて従業員に支払いを行っています。彼は、賃金を決定する際に、インドネシアの中国企業は国の背景を見ていないと強調した。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

1 thought on “インドネシアに群がる中国市民の事実

  1. 中国人のどの辺の所得層が来ているのか?わからないが、月収1000USD程度を貰えるなら、中国で仕事を失っている人たちからすれば、悪い話ではないであろう。さらに国内情報を漏らすことなどできたら、さらなるボーナスももらえるだろうから。そのような法律がある国から来ているという事を、インドネシアの政治家もしっかりわかっていてほしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。