この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Lewati Masa Sulit Covid-19,
Penjualan Porsche Meningkat di Kuartal Pertama

オンラインメディア「Tempo」が伝えています!
Kamis, 13 Mei 2021 10:00 WIB


Covid-19パンデミックの困難な時期を経験した後、高級スポーツカー会社のポルシェは2021年の第1四半期に売上高が増加したと報告されています。

現在、ポルシェは約72,000台の自動車を販売することができました。

その数は、昨年の第1四半期と比較して実際には36%増加しています。

ポルシェAGの財務およびIT担当副会長兼執行委員会のメンバーであるルッツ・メシュケ氏は、今年の初めの売上高は非常に好調だったと説明しました。

「今年は非常に順調にスタートし、2021年度に15%の売上高利益率という戦略目標を再び達成することを望んでいます」とルッツ・メシュケ氏は述べています。

2021年の第1四半期に一般の人々が最も需要のある車のタイプは、ポルシェマカンです。

このタイプの車両は22,458台を販売したことが知られています。

一方、ポルシェAGの取締役会会長であるオリバー・ブルーメ氏は、最初の電気自動車である「タイカン」も一般の人々から非常に大きな関心を集めていると述べました(9,072台)。

「第1四半期に、私たちの成功した全電気モデルの納品は、2020年の全体のほぼ半分でした」と彼は言いました。

「ここで非常に心強い事実は、購入者の約50%が新規顧客であるということです。

そのため、「タイカン」はファンベースの規模を拡大しています」とオリバー氏は続けました。

ポルシェは12億ユーロ(20兆ルピア)、または前年の第1四半期(9、8兆ルピア)の2倍以上の利益を上げたことが知られています。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。