この記事をSNSで共有化可能! クリックしてください!

Unit Seluler Rakuten Rugi Setara Rp12,72 Triliun Kuartal I/2021

オンラインメディア「Bisnis.com」が伝えています!
13 Mei 2021  |  16:12 WIB


日本のeコマース大手である楽天グループは、ネットワークの拡大とユーザーを引き付けるための1年間の無料サービスの提供に投資した後、第1四半期の損失を報告しました。

日本のeコマース大手である楽天グループは、ネットワークの拡大とユーザーを引き付けるための1年間の無料サービスの提供に投資した後、第1四半期の損失を報告しました。

木曜日(2021年5月13日)にブルームバーグによれば、部門の損失は過去最高の972億円に増加しました。

これは、3月31日に終了した3か月間の売上高686億円から、8億8700万米ドルまたは12.72兆ルピアに相当します。

当期の営業損失総額は373億円でした。

NTTドコモ株式会社は、より安価でより柔軟なサービスを提供することによって、

1年前、同社はKDDI Corp.、SoftBankCorpを買収するためのネットワークを立ち上げました。

彼らは先月、日本の3大キャリアからユーザーと市場シェアを獲得するために、5G互換のiPhone12とiPhone SEをラインナップに追加する計画を発表しました。

東京のRedex Research(株式調査会社)アナリスト、カーク・ブードリー氏は、「楽天の競争力は今年強くなり、投資家はモバイルビジネスへの投資をさらに増やしたいと考えている」と語った。

 「まだまだ先のことですが、無料提供が終了した後、何人の加入者が辞めるかについては疑問があります。」

楽天のモバイル事業を率いる山田義久氏は、この四半期から無料提供が終了し、事業の収益性が回復し始めると語った。

彼は、彼のネットワークのより広いカバレッジのために、損失は来年縮小し始めるだろうと言いました。

楽天の4Gネットワ​​ークは現在国の人口の80%をカバーしており、今年の夏にはそのカバー範囲を96%に拡大する予定です。

正確な加入者数を明らかにしなかった同社は、5月にモバイルサービスの申し込みが410万に増えたと語った。


カテゴリー「ニュース」記事リスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。